イアンノーネ、次戦オーストラリアも欠場。バルベラが引き続き代役

バルベラは、一週間後のフィリップアイランドでのレースでも、イアンノーネの代役を務めることがわかった。

 ドゥカティは、アンドレア・イアンノーネが次戦オーストラリアでも欠場することを発表し、代役に日本GPに引き続きヘクトル・バルベラを起用することがわかった。

 イアンノーネは、ミサノで行われたサンマリノGPのフリー走行で第3椎骨を負傷し、日本GPを含め、3レースを欠場している。

 彼は、サンマリノGPの欠場を決定した後、アラゴンGPでは出場しようとしたものの、金曜日のフリー走行で痛みがひどく、結局欠場を決定した。

 イアンノーネは、怪我の回復を優先させるとして、もてぎで行われる日本GPも欠場したが、次戦オーストラリアでも同様の理由で欠場を決定した。これで、イアンノーネは4レースを欠場することになる。

 ミサノとアラゴンでは、ドゥカティのテストライダーのミケーレ・ピッロが彼の代役として出場したが、もてぎでは、アビンティア・ドゥカティのライダーであるヘクトル・バルベラが、ドゥカティのワークスチームから代役出場した。バルベラは、引き続きイアンノーネのバイクでオーストラリアに出場するようだ。

 バルベラはもてぎの予選で8番手、決勝でも同じポジションを走行していたが、9周目に転倒。レースをポイント圏外の17位で終えている。

 ポイントランキング10位のバルベラは、今シーズンノーポイントで終わったレースが、オーストリア以来のわずか2戦目。29歳のドゥカティサテライトのライダーは、印象的なシーズンを送っている。

「今朝、アンドレア(イアンノーネ)がセパンまで復帰しないことがわかった。ヘクトルは素晴らしいライダーで、我々と引き続きレースをするのにふさわしいと考えている」とドゥカティのプロジェクトディレクター、パオロ・シアバッティは語った。

「彼は今週良くやっていた。ピットを出るたびに、彼は改善を果たしていた」

関連

ドゥカティ、イアンノーネの日本GP代役をバルベラに決定

ドヴィツィオーゾ「イアンノーネとは共にやっていけない」と批判。代役バルベラを歓迎

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストラリアGP
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー アンドレア イアンノーネ , ヘクトル バルベラ
チーム Avintia Racing , Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース