スタート練習をイアンノーネに邪魔されたマルケス「少し怒っている」

ホンダのマルク・マルケスは、スタート練習中のアンドレア・イアンノーネ(スズキ)の振る舞いに不満を抱いたという。

 MotoGPサンマリノ初日で行われたフリー走行2回目でホンダのマルク・マルケスは、スタート練習中のアンドレア・イアンノーネ(スズキ)の振る舞いに不満を抱いたという。

 チェッカーフラッグが振られる間際、マルケスは他のライダーたちとともにスタート練習を敢行するため、指定された位置に止まっていた。

 しかしいざマルケスがスタートしようとすると、同じくスタート練習を行うために背後にいたイアンノーネがマルケスに接近しすぎ、マルケスの後輪に触れてしまった。

 そのせいでスタート練習が台無しになってしまったマルケスは、そのインシデント後にイアンノーネに対する不満を抱えていた。

「スタート練習が台無しになったから少し怒っている」とマルケス。マルケスは結局FP2を5番手で終えた。

「詳細はわからないから、彼に聞いてよ。きっと彼は興奮しすぎていたんだろうけど。彼は9番手だからホームレースで予選Q2になると思う。彼は遊びたかったのかもしれないけど、僕は遊びでやってるんじゃないんだ。今はチャンピオンシップがかかっている」

「スタート練習は重要だ。トルクなどすべての事項を調整する必要があるからね。僕はスタート練習するためにそこにいたんだけど、もういいんだ」

「イアンノーネはいつも僕たちにちょっかいを出すけど、今はチャンピオンシップに集中したいからそんな気分じゃない」

イアンノーネの見解

 イアンノーネにインシデントに対する見解を訊いたところ、彼はマルケスがもう少し前に出ると思っていたという。それが接触の原因となった。

「マルクがスタートしようとしていた時、僕はそこに到着した」

「僕は少し待ってからスタートしようと思ったけど、結局彼と接触してしまったんだ」

Additional reporting by Oriol Puigdemont and Matteo Nugnes

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 サンマリノGP
サーキット ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー アンドレア イアンノーネ , マルク マルケス
チーム Repsol Honda Team , Team Suzuki MotoGP
記事タイプ 速報ニュース