ストーナー、ミサノMotoGPテストに参加し「疲れ切った」

ドゥカティによれば、ミサノでのMotoGPマシンを走らせたケーシー・ストーナーは、テスト後「疲れ切っていた」という。

 ケーシー・ストーナーは、テストライダーであるミケーレ・ピロと共にドゥカティのMotoGPマシンをミサノで走らせた。このテストは、2日にわたって行われ、合計100周以上をこなしたという。

 ドゥカティのコミュニケーション部門によれば、ストーナーは「あまりにも長い間バイクに乗っていなかったため、疲れ切っていた」という。

 ストーナーがMotoGPのバイクをテストしたのはこれが今季3回目。これまでにカタールとセパンでのテストに参加していた。

 彼はテストチームの支援を受け、異なるセットアップを施したマシンに搭乗、出来上がったパーツを試した。シャシーだけではなく、電子機器面にも新パーツがもたらされたようだ。

 ストーナーはこのままミサノにとどまり、金曜日から日曜日にかけて行われるドゥカティ・ウィークにに参加する予定。さらに7月19〜21日にレッドブルリンクで行われるテストで、再びドゥカティのマシンに搭乗することが期待されている。このテストには、ホンダを除くMotoGPチームが参加する予定だ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Casey Stoner
チーム Ducati Team
記事タイプ テストレポート