タイテスト最終日に8番手! 中上貴晶「実りあるテストになった」

今季MotoGP最高峰クラスにデビューする中上貴晶は、タイテスト最終日に総合8番手となるタイムを記録した。

 LCRホンダから今季MotoGP最高峰クラスデビューを飾る中上貴晶。その中上はタイのブリーラムで行われたMotoGP合同テストの最終日、全体の8番手となる好タイムを記録した。

 チャーン・インターナショナル・セーキットで3日間の日程で行われたMotoGPのプレシーズン公式テスト。初日、2日目とルーキー最速タイムをマークしてきた中上だったが、最終日には1分30秒456を記録し、トップ10入りとなる8番手タイムをマークした。

「今回の3日間は、ラップタイムと総合順位の両面で、とても実りのあるテストになりました」

 中上はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「チームとの相互理解もさらに一段と深まり、バイクのセットアップでも確実に前進を果たすことができました。内容が濃く、とても手応えのあるテストをできて、LCR Honda IDEMITSUのチーム全員に感謝をしています」

「今回のテストでは初めてトップ10で終え、気分よく締めくくることができました。次のカタールテストでも、さらに気持ちを引き締めて臨みます。この調子でチームと一丸となって努力を続け、最高の状態でシーズン開幕戦を迎えるためにも、全力で3日間のテストに取り組みます」

 次回のカタールテストは、3月1日から3日間の予定で行われる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 Buriram February testing
サーキット チャーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
記事タイプ 速報ニュース