ドゥカティ、2018年より加熱式タバコIQOSを冠スポンサーに?

ドゥカティは2018年シーズンにフィリップモリスの加熱式タバコ、IQOSとタイトルスポンサー契約を締結するとみられる。

 ドゥカティは、2018年シーズンにフィリップモリスの加熱式タバコ、IQOSとタイトルスポンサー契約を締結するとみられる。

 ドゥカティがフィリップモリスの銘柄であるマールボロをタイトルスポンサーにつけていたのは2010年までのことだが、それ以降もドゥカティとフィリップモリスは密接な関係にある。

 フィリップモリスは、将来的に紙巻きタバコから撤退する方針を以前から明らかにしており、それと同時に加熱式タバコであるIQOSの販売に注力している。

 現在ドゥカティは、2018年に向けてフィリップモリスとIQOSのタイトルスポンサー契約について交渉しており、数週間後に契約は成立するとみられる。

 ドゥカティは2018年体制発表会で、伝統的な赤と白にグレーが加えられたカラーリングのマシンを発表。そのデザインはIQOSのロゴを掲げるのに対応するとみられ、ホルヘ・ロレンソとアンドレア・ドヴィツィオーゾのマシンにIQOSのロゴがつくのは、2018年開幕戦カタールGPの前からであると考えられる。

 IQOSがタバコを燃やさずに加熱することで煙や灰を発生させないので、従来のタバコよりも有害物質のレベルが減少していると主張するフィリップモリスは、IQOSがタバコ広告禁止の規制には抵触しないことを"望んでいる"。

 なお、長年ドゥカティをスポンサードしていたTIM(テレコム・イタリア・モバイル)との契約は昨年限りで終了した。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース