ドゥカティ、2018年用新型マシンのカラーリングを公開

ドゥカティは、2018年シーズンにドヴィツィオーゾとロレンソが駆るマシンのカラーリングを公開。実車は月末のセパンテストで披露される。

 ドゥカティは、アンドレア・ドヴィツィオーゾとホルヘ・ロレンソが2018年シーズンに乗ることになるマシンのカラーリングを公開した。

 昨年11月、昨年版マシンGP17の改良版を用い、バレンシアとヘレスでテストを実施したドゥカティ。今季用のニューマシンGP18は、今月末に行われるセパンテストまで公開する予定はないとしているが、それに先立ち、新しいカラーリングを公開した。

 ドゥカティは今後、1月24〜26日の3日間にわたってプライベートテストを行い、テストライダーのケーシー・ストーナーとミケーレ・ピッロが新型バイクを走らせることになるとみられる。そして1月28日からの公式テストで、レースライダーが走行を引き継ぐ。

 昨年大躍進を遂げ、最終戦までマルク・マルケス(ホンダ)とタイトルを争ったドヴィツィオーゾは、チャンピオンの有力候補のひとりとして2018年シーズンに臨むことになる。一方で、昨年からドゥカティに新加入したホルヘ・ロレンソは苦戦したものの、今年はタイトル争いに復帰することを狙う。

 なおふたりのライダーは共に、今年限りでドゥカティとの契約が切れることになっており、残留・移籍のどちらを選ぶにしても、重要な1年になることは間違いない。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ , ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース