ドヴィツィオーゾに2位を譲るか迷ったペトルッチ、結果に"後悔はない"

ペトルッチは、サンマリノGPの最終ラップでドヴィツィオーゾに2位を譲るかどうか迷っていたことを明らかにした。

 プラマック・ドゥカティのダニーロ・ペトルッチは、サンマリノGPの最終ラップでドゥカティのワークスチームに所属するアンドレア・ドヴィツィオーゾに2位を譲るかどうか迷っていたことを明らかにした。

 ドゥカティサテライトチームでGP17をドライブするペトルッチは、ウエットコンディションとなったサンマリノGPで好ペースを発揮して、最終周までトップを走行していた。しかしホンダのマルク・マルケスに最終周のターン1でかわされて2番手に落ちた。

 結局ペトルッチは、2017年MotoGPタイトルを争うマルケスとドヴィツィオーゾの間に割って入り、2位表彰台を獲得した。

 ペトルッチは木曜日の会見で、ドヴィツィオーゾのタイトル獲得のために"喜んで"手助けをすることだろうと語っていた。しかし最終周でマルケスに破れた後も、ドヴィツィオーゾに2位を譲ることなくレースを終えた。その理由をペトルッチは次のように述べた。

「そのことについて考えた時、誠実でなければならないと思った」

「僕はアンドレアに近ければ良いと思っていた」

「でもアンドレアは僕の助けを借りなくとも、チャンピオンシップを戦えるんじゃないかとも思った。次回以降のレースが彼にとって重要なものになれば僕も嬉しいよ」

 マルケスがペトルッチを交わした時点で、ドヴィツィオーゾはふたりから10秒以上離された3番手に位置していた。

 さらにペトルッチは最終周でマルケスに交わされた後も、マルケスを抜き返すチャンスを伺っていたことを認め、ドヴィツィオーゾに順位を譲るために明らかにペースを落とすことは、レースにとって良くないことになるのではないかと考えていたという。

「それについて(ドヴィツィオーゾに順位を譲るかどうかを)考えながらも、僕はセクター3までマルクを交わせないかどうか様子を伺っていた」

「僕は彼を見て、かなりリスクを負っているように思えた。だから僕は"いけそうだ。多分彼はどこかのコーナーでワイドに走るだろう。そのタイミングでイン側に入ってみよう"と考えていた。でも彼はミスを犯さなかった」

「僕は最終コーナーで(ドヴィツィオーゾに)ポジションを明け渡すことがチャンピオンシップにおいてあるべき姿ではないと思った。僕たちは何かを求めてここで戦っているんだ」

「僕は木曜日に、チャンピオンシップを争うドヴィ(ドヴィツィオーゾの愛称)を手助けしたいと話した。でも最終コーナーで彼に交わされることがチャンピオンシップにおいて良いイメージになっただろうか。僕にはわからないよ」

 その一方、今回のレースでマルケスと同ポイントに並んだドヴィツィオーゾは、ペトルッチが2位でフィニッシュしたことに対し何も問題はないと回答している。

「彼は正しい判断をしたと思う」とドヴィツィオーゾ。

「彼は信じられないほど素晴らしいレースをしたんだ。彼が2位表彰台を獲得する姿を見れて良かったと思っているよ」

"後悔はない"

Second place Danilo Petrucci, Pramac Racing
Second place Danilo Petrucci, Pramac Racing

Photo by: Gold and Goose / LAT Images

  レースを振り返ったペトルッチは、序盤でフロントタイヤを使い過ぎてしまった可能性があると感じているようだ。さらに背後につけていたマルケスから何度も逃げようとしたが、成功することはなかったことを明らかにした。

「彼はチャンピオンシップを見ているだろうから、彼が僕めがけて強くプッシュしてくることはないと思っていた。だから何度も彼から逃げようとした」

「ピットボードを見ながら走っていたけど、最大0.6~0.7秒しか彼とのギャップを築けなかった。僕がどんなにプッシュしても、彼は追いついてくるんだ」

 ペトルッチは初勝利を逃してしまったことを残念に思っているが、それでも自分のアプローチに"後悔する"ことはないと述べた。さらにマルケスが紛れもなくレースの勝者であると感じていると語った。

「ウォームアップでは彼(マルケス)よりも速かったと思う。僕は彼に負けるのが怖くて、常に前にいようと努力した」

「彼は素晴らしい走りをした。2位は少し悔しい結果だけど、僕はレースで全てを試したし、彼は信じられないほどの走りを見せていたから、後悔はしてないよ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 サンマリノGP
サーキット ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ , ダニーロ ペトルッチ
チーム Ducati Team , Pramac Racing
記事タイプ 速報ニュース