ニッキー・ヘイデン追悼展示 Hondaウエルカムプラザで開催中

トレーニング中の事故により亡くなったニッキー・ヘイデンを追悼する展示が、Hondaウエルカムプラザ青山で行われている。

 トレーニング中の事故により、5月22日に亡くなった2006年のMotoGP王者ニッキー・ヘイデンを追悼する展示が、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で行われている。

 ヘイデンは2003年にMotoGPデビュー。2005年に母国アメリカGPで優勝を果たし、翌2006年にはワールドチャンピオンに輝いた。その時、彼が乗っていたのはホンダのマシンである。

 今回展示されているのは、2006年にヘイデンが乗ったマシン”RC211V”。さらにヘイデンが身につけたヘルメットとレーシングスーツも展示されている。またマシンの前には献花できるようになっている他、メッセージノートにヘイデンへの想いを記入できるようになっている。

 この追悼展示は、6月23日(金)まで行われる予定となっている。

 詳しくはHondaウエルカムプラザ青山のホームページ(http://www.honda.co.jp/welcome-plaza/contents/event/2017/20170526/)まで。

【関連ニュース】

インディアナポリスCEO、ニッキー・ヘイデンの訃報に哀悼の意を表す

ニッキー・ヘイデンの訃報に、ライダー/ドライバーが悲しみのツイート

ニッキー・ヘイデン、サイクリング中の事故で死去

ニッキー・ヘイデン:1981-2017

ホンダ八郷社長、ヘイデンの訃報にコメント「多大な功績に感謝」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP , World Superbike
イベント名 ニッキー・ヘイデン 追悼展示
ドライバー Nicky Hayden
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース