MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

バレンシアGP:初日はロレンソがトップタイム。マルケスはFP2で転倒

MotoGPバレンシアGP初日はホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)がトップタイムを記録した。

バレンシアGP:初日はロレンソがトップタイム。マルケスはFP2で転倒
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Dani Pedrosa, Repsol Honda Team
Bradley Smith, Red Bull KTM Factory Racing
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Marc Marquez, Repsol Honda Team
Andrea Dovizioso, Ducati Team

 11月10日金曜日にMotoGP最終戦バレンシアGPが開幕。初日はホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)がトップタイムを記録した。

 フリー走行1回目はスズキのアンドレア・イアンノーネがトップタイムをマーク。開始早々トップタイムを記録したイアンノーネは、セッション終盤に再びタイムを更新し1分31秒045とした。

 イアンノーネから0.312秒差で2番手に続いたのはマルクVDSホンダのジャック・ミラーだった。しかしミラーはセッション終盤にターン6でクラッシュを喫した。3番手はポル・エスパルガロ(KTM)で、2番手のミラーとは約0.07秒という僅差だった。

 タイトル争いを繰り広げるドゥカティのアンドレア・ドビツィオーゾとホンダのマルク・マルケスはそれぞれ4番手、5番手タイムに留まった。

 フリー走行2回目はドゥカティのホルヘ・ロレンソが首位。このタイムが、バレンシアGP初日でのトップタイムとなった。

 セッション序盤からロレンソとマルケス、ダニ・ペドロサ(ホンダ)がアタックラップを行い、その中でもマルケスがセッションスタートから14分後にトップタイムを記録。

 しかしロレンソがセッション残り時間4分のところで、1分30秒640をマークしてトップタイムを更新。ペドロサは0.122秒差で2番手となった。マルケスはチェッカーフラッグが振られたと同時にターン2で転倒、結局5番手タイムでセッションを終えた。

 3番手につけたのはドビツィオーゾ、4番手はテック3ヤマハのヨハン・ザルコだった。

バレンシアGPフリー走行2回目のリザルト

バレンシアGPフリー走行1回目のリザルト

【関連ニュース】

シェア
コメント
マルケス「ドヴィツィオーゾの方が勝利数が多くても、誰も気にしない」

前の記事

マルケス「ドヴィツィオーゾの方が勝利数が多くても、誰も気にしない」

次の記事

フォルガー、”ジルベール症候群”に罹患していた「強くなって戻ってくる」

フォルガー、”ジルベール症候群”に罹患していた「強くなって戻ってくる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント バレンシアGP
サブイベント Friday practice
ロケーション バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
ドライバー ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team
執筆者 David Gruz