ファン・デル・マーク、最終戦バレンシアGPも出場決定

ファン・デル・マークは、フォルガーの代役として最終戦バレンシアGPにも出場することが決定した。

 スーパーバイク世界選手権に出場しているマイケル・ファン・デル・マークは、MotoGPデビューを果たしたマレーシアGPに引き続き、ジョナス・フォルガー(テック3・ヤマハ)の代役として最終戦バレンシアGPにも出場することが決定した。

 ウエットコンディションで行われたマレーシアGPでは、ファン・デル・マークは予選22番手からスタートして16位で完走。惜しくもデビュー戦でポイント獲得とはならなかった。

 日本GPよりレースを欠場し、現在療養中のフォルガーはバレンシアGPも欠場することになると見られており、マレーシアで信頼できるポテンシャルを示したファン・デル・マークが2度目のチャンスを掴むことになった。

 オランダのウェブサイトracesport.nlで公開されたスーパーバイク世界選手権の公式ビデオの中で、彼はこう話していた。

「来週末バレンシアでレースができることは素晴らしいことだ」

「まだジョナスの体調が悪いというのは残念だ。だけどエルベ(ポンシャラル/テック3のチーム代表)がもう一度彼の代役を打診してくれたことを光栄に思う。実際、僕はセパンで印象を与えることができた」

「バレンシアの週末を楽しみにしている。少なくとも僕はこのバイクのことを理解している。僕にとって最も重要なことは、バレンシアでは普通の天候でレースを行うことだ。そうすれば僕は毎セッション自分自身を改善していけるはずだ」

「良い結果を出せること、そしてチームがもう一度満足してくれることを願っている」

 ファン・デル・マークは今週末、カタールで今年のスーパーバイク世界選手権を終えたばかりだ。彼は土曜日のレースを4位で終え、ランキング6位でシーズンを締めくくった。

 25歳のファン・デル・マークは来年もヤマハからスーパーバイク世界選手権に出場する契約を結んでいるが、ヤマハのテストライダーをレギュラーで務めることに興味を持っていると話している。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 バレンシアGP
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
ドライバー Michael van der Mark
チーム Tech 3
記事タイプ 速報ニュース