マルケスの2連覇に、ホンダ八郷社長がコメント「心から祝福」

マルク・マルケスのMotoGPでの2連覇に、ホンダの八郷隆弘社長がコメント。「新たなチャレンジを続ける」と語った。

 MtoGPの2017年最終戦バレンシアGPが行われ、3位でフィニッシュしたホンダのマルク・マルケスが、今年のチャンピオンに輝いた。マルケスはこれで昨年に続いて選手権2連覇、通算4回目のタイトル獲得となった。

 このマルケスのタイトル獲得に、ホンダの八郷隆弘代表取締役社長がコメントを発表した。

「一年を通して、チャレンジし続けながらも、安定した走りで、2年連続チャンピオンを獲得したマルケス選手を心から祝福します。またコンストラクターズタイトル、チームタイトルを加えた3つのタイトルを獲得できたことを大変うれしく思います。チームおよび関係者、スポンサーの皆さま、そしてファンの皆さまに心より感謝申し上げます。今後も、二輪の最高峰レースであるMotoGPでの勝利を目指し、新たなチャレンジを続けてまいりますので、引き続きご声援をよろしくお願いします」

 また、ホンダ・レーシングの野村欣滋も、以下のようにコメントを発表している。

「今シーズンは各メーカーの進化が大きく、またコースごとにコンディションの変化も激しい非常にタフなシーズンでした。そのような状況で、マルケス選手は着実に勝利を重ね、チャンピオンを獲得することができました。また、チームのメンバーとHRCメンバー全員の素晴らしい働きにより、三冠まで達成できたことは、HRCの代表として、レースに携わってくれた全員を誇りに思うとともに、その努力とチャレンジに感謝いたします。加えて、Hondaのレース活動を支えてくれた、多くのスポンサーとファンの皆さまに御礼申し上げます」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 バレンシアGP
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
ドライバー マルク マルケス
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース