マルケス、FP2のクラッシュに困惑「リヤに好ましくない振動があった」

FP2でクラッシュを喫したマルケスは、他の周とは異なり、あの周回だけリヤに振動が起きていたことを明かした。

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスはFP2の終盤にターン2で転倒し、今シーズン26回目の転倒を記録することになってしまった。セッションは5番手で終えたが、タイトル争いのライバルであるアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は3番手だった。

 マルケスは、前のラップよりも早めにブレーキを踏んでいたため、このインシデントには驚いたと話した。また今シーズンはクラッシュすることが多く見受けられるが、それは”多くはバイクに関係している”という。

「いくつか理由があって、今シーズンの僕たちは速いけど、限界がどこなのかを理解するのが難しい。時には思いもよらないところでクラッシュすることがある」

「例えば、今日のクラッシュがそうだ。僕は前のラップよりも早くブレーキを踏んだ。他のラップではそんなことなかったのに、あの時はリヤに好ましくない振動があった。理解できないよ」

「今後に向けて改善して行く必要がある。クラッシュするのは好ましくない。いちばん重要なのは、レースでクラッシュしないことだ」

 しかしマルケスはクラッシュにもかかわらず、力強いレースペースに励まされたという。

「もちろん、それのおかげで良い自信を持つことができた」

「でも僕をもっと良い気分にしてくれたのは、良い形で今週末をスタートできたことだ。FP1の最初の走行からバイクのフィーリングは良かった」

「チームメイト(ダニ・ペドロサ)や(ヤマハのヨハン)ザルコが速いのを見れば、気持ちも変わってくる。現時点では彼らがいちばん速そうだ」

「僕たちは作業を続けなければいけないし、同じメンタリティや集中力を保つ必要がある。ウォームアップが終わったら、自分自身がどこにいるのか、ドヴィ(ドヴィツィオーゾの愛称)や他のライダーがどこにいるのかを確認しよう」

Additional reporting by German Garcia Casanova

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 バレンシアGP
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
ドライバー マルク マルケス
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース