ミシュランタイヤに苦戦したヘイデン。「挑戦を見くびっていた」

ニッキー・ヘイデンは、ミラーの代役としてアラゴンGPへスポット参戦したが、このチャレンジを過小評価していたと語った。

ミシュランタイヤに苦戦したヘイデン。「挑戦を見くびっていた」
Nicky Hayden, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
Nicky Hayden, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
Nicky Hayden, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
Nicky Hayden, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
Nicky Hayden, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
Nicky Hayden, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

 ニッキー・ヘイデンは昨年限りでMotoGPを離れ、今年からスーパーバイク選手権に挑戦している。そのヘイデンは負傷したジャック・ミラーの代役として、マルクVDSホンダのマシンに乗ってアラゴンGPに出場したが、週末を通して下位に沈んだ。レースでは15位でフィニッシュし、なんとか1ポイント獲得している。

 今シーズンから導入されている、ミシュランの新しいMotoGP用のタイヤを事前に試すことができなかったこともあり、ヘイデンはミシュランタイヤで速さを得られなかったため、週末が困難になったと認めた。

「決勝は、週末を通してベストなセッションだったと言えるだろう」とレースの後、ヘイデンは語った。

「タイヤとバイクのフィーリングを得るために、金曜日はかなり遅いペースでスタートした。昨夜(土曜日)は良い方向性を見つけられて、朝(ウォームアップ)には良いフィーリングを得られるようになった」

「レースに向けては何も準備できなかった。グリッドに並んで、良いスタートをしたよ。(ダニーロ)ペトルッチや(ヨニー)ヘルナンデスのようなライダーとバトルができた。バイクはすごく良く機能していた」

「(ミケーレ)ピッロを含んだグループが僕の前にいて、そのグループのトップまで行けると期待していたけど、バルベラと少しバトルをして、タイムを失ってしまった」

「結局、1ポイントを獲得できた。もちろんもっと良い結果を期待していたが、このタイヤ、特にフロントからスピードを得ることがどれだけ大変か、僕は見くびっていたんだと思う」

「(土曜日の)午後まで、本当にフィーリングが得られなかったんだ。だから少しイライラしていた。最終的には悲惨なことにはならず、何人かとレースができたし、バトルを楽しんだ」

 MotoGPで再び活躍することができると感じたかと聞かれたヘイデンは「わからない。来年はスーパーバイク選手権に戻るし、来季はもっと先頭に近づけるように願っている」と答えている。

「欧州ホンダが僕とミラーを交代させたがっているって話、誰か聞いているかい? MotoGPでポイントを記録した年だし、可能性はあるよ。今のところこれはミラーのバイクで、彼のチームだし、1戦限りの参戦だよ」

シェア
コメント
ロッシ、2018年以降もMotoGPを続けるかどうか”考え始めている”

前の記事

ロッシ、2018年以降もMotoGPを続けるかどうか”考え始めている”

次の記事

ヤマハ、勝利を渇望も「マシン開発が期待通りではなかった」と認める

ヤマハ、勝利を渇望も「マシン開発が期待通りではなかった」と認める
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー Nicky Hayden
チーム Marc VDS Racing
執筆者 Jamie Klein