ヤマハ、サンマリノGPではバレンティーノ・ロッシの負傷代役は立てず

ヤマハは、今週末にミサノで行われるサンマリノGPには、負傷したバレンティーノ・ロッシの代役を立てないことを発表した。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、先週木曜日にモトクロスでのトレーニング中にクラッシュし、脚を骨折。金曜日に手術を受けた彼は、最低でも1カ月の安静を余儀なくされた。そのため、今週末のサンマリノGPと、その2週間後に行われるアラゴンGPを欠場することになる。

 しかし、ヤマハはサンマリノGPには彼の代役を立てず、ヤマハ・ファクトリーチームとしてはマーベリック・ビニャーレス単独の出場となることを発表した。

 一方でアラゴンについては、ロッシの代役を立てるかどうかはまだ未定のようだ。

 ヤマハのテストライダーを務め、2011年からMotoGPに7レース出走した経験を持つ中須賀克行は、今週末オートポリスで開催される全日本ロードレース選手権に参戦するため、ミサノでの代役は不可能だった。

 しかし、アラゴンGPの週末についてはレースがないため、代役としてビニャーレスと共にレースに臨むことは可能だと考えられる。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 サンマリノGP
サーキット ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース