ヤマハ、最終戦では2016年型シャシーを使用していたことを明かす

シェア
コメント
ヤマハ、最終戦では2016年型シャシーを使用していたことを明かす
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2017/11/15 11:07

ロッシとビニャーレスは、最終戦バレンシアGPの決勝レースで2016年型のシャシーを使用していた。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスは、最終戦バレンシアGPの決勝レースでは2016年のシャシーを使用していたことを明らかにした。

 最終戦バレンシアGPの予選をそれぞれ7位と13位で終えたロッシとビニャーレス。チームは予選後、ヨハン・ザルコ(テック3・ヤマハ)が使っていたバイクと同じ2016年スペックのバイクを決勝レースでも使用すると決断を下した。

 これによりロッシとビニャーレスのふたりは、フラストレーションを感じて過ごした2017年シーズンを通して、4種類のバイクを使用したことになる。

 その決勝レースではロッシは5位でフィニッシュ、ビニャーレスは12位が精一杯だった。またこのレースでドゥカティ勢が2台とも転倒によりリタイアしたため、彼らはチームランキング2位を獲得した。

 ロッシはレース後、バイクを”戻した”ことについて、次のように語った。

「昨日の夜シャシーを変更した。バイクの癖を理解するためにも、2016年のシャシーを使用したんだ」

「1日で多くのものを改善しようとするのはかなり難しかった。それに多かれ少なかれ、昨日のバイクで僕にできたことがレースにも反映された」

「僕たちがこの選択をしたのは、火曜日と水曜日(のテスト)でこの問題に取り組もうと思っていたからだ。『なぜ今日それに取り組まなかったのか?』と言う人もいる。だけど時には、レースで10日間のテスト以上のことを理解できることもある」

「残念ながら言った通りにはならなかったし、物事は良くならなかった。でも僕たちはいくつか興味深いことを理解できた。このバイクに乗るのは簡単だし、普通はもっとフィーリングも良いんだ」

古いシャシーのフィーリングは良かった

 日曜日のウォームアップ走行では、ビニャーレスはクラッシュを喫してしまったため、”古い”バイクでのセットアップの時間が限られてしまった。しかし彼はクラッシュの前に2ラップ走行しており、”フィーリングはすごく良い”と話していた。

「この(2016年の)シャシーのフィーリングは素晴らしかった」

「すでに(ウォームアップ走行の)1周目で僕は(1分)32秒台を記録していたし、2周目も速かった」

「いずれにせよ、レースではリヤタイヤに関していくつか問題を抱えていた。リヤタイヤに関するフィーリングとしては、よく機能していないように感じられたんだ。レース終盤はバイブレーションもひどかった。だから必要以上にリスクを負いたくなかった」

Additional reporting by German Garcia Casanova

【関連ニュース】

次の MotoGP ニュース
浮き彫りになった課題と見えた成長、日本人ライダーそれぞれの最終戦

前の記事

浮き彫りになった課題と見えた成長、日本人ライダーそれぞれの最終戦

次の記事

中上貴晶の重要な1年が開幕。MotoGPバレンシアテスト『観察記』

中上貴晶の重要な1年が開幕。MotoGPバレンシアテスト『観察記』
Load comments