ロッシの回復速度に驚くメディカルディレクター「並外れている」

MotoGPのメディカルディレクターであるアンヘル・チャートは、バレンティーノ・ロッシの怪我からの回復速度は”並外れている”と語る。

 木曜日、ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、メディカルチェックをパスし、今週末のアラゴンGPに出走できることになった。モトクロスでトレーニングしていた際に右足を骨折してから、わずか21日後のことであった。

 医師は当初、ロッシは30〜40日の安静が必要だと考えていた。しかしロッシは今週初めにミサノで市販バイクに乗り、アラゴンでのレース復帰を目指した。

 MotoGPのメディカルディレクターを務めるアンヘル・チャートは、ロッシの怪我の回復具合が”並外れている”ことを認めた。

「ロッシがレースに出走できる状態にあるのは明らかだ。我々は彼がレースをすることができること、そして他のライダーと同じようにすべてのテストを合格しなければならないことを確認する必要があった」

 そうチャートは語った。

「ロッシの事故はトレーニング中に起こった。そして、彼の医師は素晴らしい処置をしたと言わなければならない。事故から24時間後には、ロッシはすでにリハビリを開始していたんだ」

「我々はほぼ毎日、彼の回復状況を気にかけていた。そしてこういった怪我から、どのくらい早く回復するのか、疑問に思っていたことを認めなければならない」

 チャートはロッシがまだ松葉杖に頼って歩いているとし、今週末に体調が100%になることはないだろうと認める。しかしそれでも、ロッシがテストに問題なく合格したこと、そしてロッシ自身も今週末にクラッシュする可能性があることを認識しているという。

「彼の回復を、今後も注意深く見ていく。彼は標準的なテストを受け、完全に合格している」

 そうチャートは語る。

「彼は100%の状態ではない。それは明らかだ。しかし、彼は痛みを感じていない。これは非常に重要なことだ。しかし我々はおそらく、炎症に対処するための治療を、今後数日間施さなければならないだろう」

「このテストの前に、私はバレンティーノと話をした。彼はとても頭脳明晰な男だし、リスクを認識している。クラッシュするのがよくないことは、当然彼も分かっている。しかし私は、彼がレースに出ることができるということを明確にしたい。なぜなら、彼の準備はすでに整っているからだ。彼は他のすべてのライダーがクリアしたテストに合格したのだ」

「彼の回復がどれほどうまく行っているのか、我々はそれに感心し、感銘を受けている」

 ヤマハは、世界スーパーバイク選手権のライダーであるマイケル・ファン・デル・マークをロッシの代役として起用、アラゴンに呼び寄せている。ロッシの復帰でファン・デル・マークの出場機会はなくなるが、ロッシが途中で走行を続けることができなくなった場合に備え、アラゴンで待機するという。

【関連ニュース】

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 アラゴンGP
サーキット モーターランド・アラゴン
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース