ロッシ”マルケスとの握手は、サロムの死の後、正しいことだった”

カタルニアGPを制したロッシは、レース後に2位のマルケスと握手したことは、悲しい週末の最後に正しいことだったと語る。

 バレンティーノ・ロッシはカタルニアGPを勝ち、金曜日にMoto2クラスのフリー走行で事故死したルイス・サロムにその勝利を捧げた。

 レース後、ロッシと2位のマルク・マルケスはお互いを称え合って笑顔で握手を交わし、集まった観衆やメディアから拍手が巻き起こった。

 ふたりはこれまで、ほろ苦いライバル関係だった。コース上で多数のクラッシュを繰り返し、そして昨年の悪名高いマレーシアGPでの事件に繋がった。その事件はロッシに次戦グリッド降格ペナルティを課し、それがチャンピオンシップに大きな影響を及ぼした。

 それ以来彼らは、表彰台や記者会見に同席することはあったものの、お互いの存在をかろうじて認識する程度であった。

「(サロムの)事故が起きた後のことは、すべて重要ではなかった。だから、(マルケスと握手したことは)非常に重要なことだったと思うんだ」と、カタルニアGPを優勝した後、ロッシは語った。

「とても正しいことだったと思うよ」

「別の側面から見れば、僕らは静かに、そしてリラックスした時を過ごす必要がある。これはすごいスポーツだし、僕らの情熱なんだけど、同時にとても危険だ。通常の振る舞いや他のライダーと通常の感覚で接することができると、静かに、そして集中するのに役立つ」

ロレンソとの雪解けは”まだ”

 ロッシは、ヤマハのチームメイトであるホルヘ・ロレンソとも確執が取りざたされている。これについて尋ねられたロッシは、次のように答えた。

「ロレンソとの関係は、少し異なっている」

「僕が言うことができるのは、彼との関係が改善することはなかったり、彼と話さなかったり、彼に”チャオ!”と言わないとか、そういうことをシーズン初めには考えなかったということだ」

「僕はヤマハに戻ってきてから、常にホルヘのところへ行き、『やあホルヘ。大丈夫かい? 気分はどう?』と言ってきた。それが全てだよ」

「今年、僕は彼がやってきてくれるのを待っていた。しかし、それはまだ起きていない。彼に聞いてみてくれよ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 カタルーニャGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー マルク マルケス , バレンティーノ ロッシ
チーム Repsol Honda Team , Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース