ロッシ、モトクロス中にクラッシュし病院搬送。足の骨折で手術を予定

バレンティーノ・ロッシは、モトクロスでのトレーニング中にクラッシュし、病院に搬送された。彼は足を負傷し、手術を受けることになった。

ロッシ、モトクロス中にクラッシュし病院搬送。足の骨折で手術を予定
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Cadalora, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Third place Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

 ヤマハのMotoGPライダー、バレンティーノ・ロッシは、モトクロスでのトレーニング中にダウンヒルセクションでクラッシュし、病院に搬送された。彼の両脛骨と右腓骨には骨折があり、可能なかぎり早期に手術が行われることがわかった。

 ロッシは過去にも右腓骨の負傷経験がある。2010年ムジェロのフリー走行で腓骨を複雑骨折した際には、41日間MotoGPからの離脱を余儀なくされている。

 彼は現在、イタリア・ウルビーノの病院におり、手術は金曜日に予定されている。

 バレンティーノ・ロッシの父、グラツィアーノはイタリアの『ANSA』の取材に次のように答えている。

「バレンティーノは楽観的な状態ではない。彼らは、骨折があるのを恐れている。レントゲンを撮るために、彼のブーツを切らなければならなかった。そして、バレンティーノは私に気分がとても悪いと言っていた」

 現在38歳のロッシは、現在MotoGPのポイントランキングで4位。先週末にシルバーストンで行われたイギリスGPでは3位表彰台を獲得している。

 彼の所属するヤマハチームは、次のように声明を発表した。

「8月31日木曜日、モビスター・ヤマハMotoGPチームのライダー、バレンティーノ・ロッシは故郷に近い場所でトレーニング中に、アクシデントに見舞われた」

「彼はウルビーノの病院に搬送され、検査を受けている。今後、彼の怪我の状況について発表される予定だ」

 ロッシは、今年5月にもモトクロスでアクシデントに見舞われており、胸部を負傷していた。

【関連ニュース】

シェア
コメント
ロレンソ、ドゥカティへの適応進むも”弱点克服”には長い道のりが必要

前の記事

ロレンソ、ドゥカティへの適応進むも”弱点克服”には長い道のりが必要

次の記事

手術を受けたバレンティーノ・ロッシ、最低でも1カ月の安静が必要に

手術を受けたバレンティーノ・ロッシ、最低でも1カ月の安静が必要に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Charles Bradley