ロッシ「レッドブルリンクのターン8は危険」と発言

シェア
コメント
ロッシ「レッドブルリンクのターン8は危険」と発言
執筆:
2016/08/12 0:13

バレンティーノ・ロッシは、今週末に行われるオーストリアGPの舞台であるレッドブルリンクのターン8は「非常に危険」と説明する。

Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP
Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP
Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

 今週末にMotoGPを開催する予定のレッドブルリンクは、主に四輪レース用に造られたサーキットである。そのため、主にランオフエリアについては二輪レースにとって狭すぎ、安全性が欠如していると疑問符が付けられている。

 そのため木曜日、レース主催者は最終コーナーのコース幅を狭め、重大な事故に対する危険性を低減するために、アウト側のウォールを遠避けた。

 他のコーナーの安全性について聞かれたバレンティーノ・ロッシは、ターン8についてはより安全性を高めるために、作業をする必要があると語った。ロッシはレッドブルリンクの前身であるA1リンク時代にレースをした経験がある。

「このコースは非常に高速だ。そして、高速なコースの時、それは常に危険だ」とロッシは言う。

「特にターン8の出口は、非常に危険なままだ」

「通常のラップでは、非常に簡単にそこをクリアできるだろう。しかし高速で走れば、ウォールは非常に近い」

「僕にとっては、最も危険なポイントだ。我々は来年に向け、改善しようとしなければならない」

 ドゥカティのアンドレア・ドビツィオーゾは、ロッシの考えに同意した。そして、下坂の右カーブのヘアピンであるターン4は、別の危険な箇所であると、彼は付け加えた。

「バレンティーノが言うように、ターン8は将来に向けて何かをしなければならないだろうね」とドヴィツィオーゾは語った。

「今週末について言えば、僕らはターン4に注意しなければならない。そこのランオフエリアは、おそらく十分ではない」

 ホルヘ・ロレンソはターン3のブレーキングポイントについて批判的だった。彼はこのコーナーについて、ターン10で行われたのと同じ改善が感じられたが、影響は限定的だと考えている。

「それはあまり変化はないよ」

 そうロレンソは語る。

「そこでの速度は遅く、そして壁も遠い。それは同じだ。しかし、そこ(ランオフリア)は舗装されているんだ」

次の記事
元GPウイナーのプーチが語る、MotoGPトップライダー分析

前の記事

元GPウイナーのプーチが語る、MotoGPトップライダー分析

次の記事

MotoGPオーストリア金曜日: ドゥカティが速さを発揮。スズキも上位

MotoGPオーストリア金曜日: ドゥカティが速さを発揮。スズキも上位
コメントを読み込む