ロレンソ、テスト出席に関してヤマハに懇願。「何年も一緒にやってきたのに……」

ロレンソは、11月のへレステストをドゥカティから参加できるように、ヤマハに懇願している。

 来季ドゥカティに移籍するホルヘ・ロレンソは、2016年シーズン終了後、来年の1月末から始まるバレンシア公式テストで、ドゥカティデビューを果たす予定である。

 ドゥカティは11月23、24日のへレスで行われるプライベートテストで、ロレンソのデビューを熱望しているものの、現在の所属先であるヤマハは、現行の契約は12月31日までであると主張。現在はへレスでのテストについて譲歩していない。

 もてぎでこの状況について尋ねられたロレンソは「もちろん、へレスでのテストに参加したい。だけど、それは僕の判断では決められない。そうだろ?」と語った。

「今は、バレンシアでのテストが僕のドゥカティデビューになりそうだけど、そこでさえまだ許可がない。へレスについては、ヤマハは僕に許可を出してくれそうにない。どうなるか見てみよう」

 ロレンソは、2008年からヤマハのワークスライダーとして最高峰クラスを戦っており、3度のワールドタイトルを獲得している。この長い在籍期間で、数々の成功を収めてきたことによって、ヤマハがそのスタンスを変えてくれることをロレンソは願っている。

「長い間をともに過ごしてきたんだ。僕にはその資格があると思うんだけど……」

「けど、言うまでもなくこれは僕が決められることじゃないし、ヤマハが決めた決定を尊重する。僕はヤマハのライダーだから」

関連:ヤマハ、ロレンソの今季テスト許容せず。ドゥカティ「スポーツマンシップに則るべき」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team , Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース