ロレンソ、ロッシとの口論について発言「彼はいつも、他のライダーの話を中断させる」

ホルヘ・ロレンソは、ミサノでのレース後記者会見におけるバレンティーノ・ロッシの態度に不満を表明している。

 ヤマハのホルヘ・ロレンソは、チームメイトのバレンティーノ・ロッシによるレース序盤のオーバーテイクがアグレッシブすぎたと発言した。この発言についてロッシは笑いで応えたため、その後ふたりは口論に発展してしまった。そしてロレンソは会見後、スペインのメディアに対してロッシの行動についての疑問を訴えた。

「もし37歳だというならば、誰かの発言に耳を傾けるべきだよ」

 そうロレンソは語った。

「これは教育の問題だよ。彼はいつも同じことをする。毎レース、木曜日の会見でね」

「他のライダーが話している時、彼はとても大きな声で話すんだ」

 今回の会見の一件についても、ロレンソは語った。

「僕が話す順番だった時、彼は僕の話を中断したんだ」

「僕は質問に答えようとしたんだ。僕の意見を問われたからね。しかし突然、彼は笑い始めた。彼は他のライダーが話している時、いつもそうするんだ」

関連ニュース:

「ロレンソとロッシ、サンマリノGP決勝後会見で口論」

【特別企画】青木拓磨「バレンティーノ・ロッシ ザ・ゲーム」に先行トライ

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 サンマリノGP
サーキット ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー ホルヘ ロレンソ , バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース