ロレンソ、ロッシのオーバーテイクに対する見解を変えず。チームメイト同士の対立継続

ロレンソは、サンマリノGPでのロッシのオーバーテイクについて、危険だとの意見を変えていないようだ。

 ヤマハのホルヘ・ロレンソは、ミサノでのレースの後、長年のチームメイトであり、ライバルであるバレンティーノ・ロッシとの口論を巻き起こした。彼はレース序盤の、ロッシの ”アグレッシブ” なオーバーテイクに疑問を呈したのだ。

 この口論の後ロレンソは、プレスカンファレンスでのロッシの態度を、不快に感じたと語った一方で、ロッシはチームメイトに "ダーティーライダー" だと言われたことを許せないと語っている。

 ロレンソは会見の間、インシデントの映像を見ていないと強調していた。2週間後のアラゴンで、映像を見て見解が変わったかと尋ねられたロレンソは、逆により考えが強まったと語った。

「実際、意見は変わってないし、その考えがより強くなった」とロレンソは、ロッシも出席したアラゴンGPの木曜プレスカンファレンスで語った。

「バイクの上からは、彼のラインは見えなかった。ビデオでは、彼のラインがどんなものだったか見ることができる」

「だからそうだね、僕は意見を変えていない」

関連ニュース:

ロレンソとロッシ、サンマリノGP決勝後会見で口論

ロレンソ、ロッシとの口論について発言「彼はいつも、他のライダーの話を中断させる」

”ダーティーライダー”と言われたロッシ。「ロレンソを許さない」

関係は何も変わっていないと語るロッシ

 ロッシとしては、ミサノでのオーバーテイクに何も疑問を抱いておらず、ロレンソとの関係は昨年と同じだと語っている。

「ビューティフルで、素晴らしいオーバーテイクだったね。すごくお気に入りだ」とロッシは語った。

「僕が思うに、昨年の最終戦からホルヘとの仲は変わっていないよ。僕らにはそれぞれ自分自身の考えがあるんだ」

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 アラゴンGP
サーキット モーターランド・アラゴン
ドライバー ホルヘ ロレンソ , バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース