MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
10 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
17 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
31 days

ワイン・ガードナー釈放、オーストラリアへ帰国「ショックな出来事だった」

シェア
コメント
ワイン・ガードナー釈放、オーストラリアへ帰国「ショックな出来事だった」
執筆:
2016/10/30 4:10

もてぎで逮捕されたガードナーは先週釈放され、誰とも連絡の取れなかった12日間に渡る勾留について話した。

Wayne Gardner
Mike Doohan, Wayne Gardner
Remy Gardner, Tasca Racing Scuderia Moto2 and Wayne Gardner
Remy Gardner, Tasca Racing Scuderia Moto2
Remy Gardner, Tasca Racing Scuderia Moto2

 チャンピオン経験者のワイン・ガードナーは、日本GPが行われる日の朝、もてぎで自動車接触事故を起こし、その後暴力を振るったとして、息子のレミーとともに勾留された。

 レミーは釈放され、1週間後に行われたフィリップアイランドのレースに出場するため、オーストラリアに戻ることができた。しかし父が釈放されたのは、先週のことであり、オーストラリアに戻ってきたのは昨日の朝のことだったという。

 シドニー国際空港に着いたガードナーは、リポーターに事件を説明し、オーストラリア政府からのサポートはかなり少なく、勾留中に外界とのコミュニケーションは全く許されなかったと語った。

「恐ろしい経験だった。もう2度と経験したくない」と彼は語った。

「誰ともコンタクトすることができなかった。それが問題だった。12日間も外界とコミュニケーションを取れずに、”独房”に入れられていたんだ。すごくぞっとするような出来事だった」

「そんなシチュエーションで何が起こるかわからず、コミュニケーションを断たれてしまうんだ。息子がレースをしているのに、彼がどこにいるかわからず、彼がどんな状態なのか、クラッシュしていないかわからなかった」

「本当に恐ろしい経験だった。コミュニケーションを取り上げられた、それが本当に怖かった」

「両親に会って、OKと言って欲しかった。これまで、逮捕されたことはなかったから、誰にとってもショックな出来事だっただろう」

次の記事
ロレンソ、ウェットの予選でもペースを発揮。「”サプライズ”ではない」

前の記事

ロレンソ、ウェットの予選でもペースを発揮。「”サプライズ”ではない」

次の記事

タイヤに問題を抱えていたロッシ。「ホルヘの前でゴールするのが重要だった」

タイヤに問題を抱えていたロッシ。「ホルヘの前でゴールするのが重要だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー レミー ガードナー , Wayne Gardner
執筆者 Andrew van Leeuwen