中上貴晶、セッション序盤の転倒影響し21番手も「開幕が今から楽しみ」

カタールのプレシーズンテスト最終日、LCRホンダの中上貴晶はセッション序盤に転倒を喫してしまい、21番手となった。

 カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われたプレシーズンテスト3日目、LCRホンダの中上貴晶はセッション序盤に転倒を喫した影響で21番手でテストを終えた。

 この日は3度のプレシーズンテストの総仕上げとなるはずだったが、2コーナーで転倒を喫した中上は大幅に走行プログラムを変更することになってしまったという。

今日は、セッション序盤に残念ながら2コーナーで派手な転倒を喫してしまいました

 そう中上はチームのリリースにコメントを寄せた。

この影響で一台のバイクを使えなくなり、今日のプランも大幅に変更することになってしまったので、チームには本当に申し訳なく思っています

その後は30周を走りましたが、なかなか厳しい状況で、チームにもいまひとつの一日になってしまいました

 幸い、中上自身に怪我はなく、身体に痛みを感じる部分はないという。彼はこの日、比較的少なめの合計40周を走行している。

 最終的には総合21番手でテストを終えたものの、プレシーズンを通じ、ほぼ毎回ルーキー最上位を記録し続けてきた中上。開幕戦に向けては力強く意気込みを語った。

レースウィークが今から楽しみなので、開幕戦は全力でがんばります

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 カタール合同テスト(3月)
サーキット ロサイル・インターナショナル・サーキット
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
記事タイプ 速報ニュース