中上貴晶&高橋巧、今季仕様カラーリングのマシンでデモラン決定

MotoGP最高峰クラスにデビューする中上貴晶と、復活するTeam HRCの高橋巧が、鈴鹿ファン感でデモランを披露することになった。

 3月10日(土)と11日(日)に鈴鹿サーキットで開催される「2018モータースポーツファン感謝デー」。同イベントで、今季MotoGP最高峰クラスにデビューする中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)と、全日本ロードレース選手権に復活するTeam HRCのライダーを務める高橋巧が、デモ走行を披露することになった。

「中上貴晶&高橋巧〜Hondaロードレース 新たなステージ〜」と名付けられたこのデモランは、”鈴鹿ファン感”の両日共に開催。しかも中上は今季MotoGPで走らせるHonda RC213-VのLCR Honda IDEMITSUカラーリングが施されたマシンに、高橋はTeam HRCのカラーリングをまとったCBR1000RRWにそれぞれ乗ることになる。

 いずれのライダーも、今季仕様のカラーリングをまとったマシンで国内で走行を披露するのは初の機会。2輪レース界で今年特に注目を集めるふたりのランデブーは、必見である。

 なお鈴鹿ファン感の無料招待券は、鈴鹿サーキットのホームページ(http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/)からダウンロードすることができる。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー 中上 貴晶 , Takumi Takahashi
記事タイプ 速報ニュース