予選で転倒のマルケス「速さはあったのに強くプッシュし過ぎた」

予選で転倒し5番手となったホンダのマルク・マルケスは、プッシュしすぎていたと説明した。

  ホンダのマルク・マルケスは、予選終盤まで自身5度目のアラゴンでのポールポジションを獲得のために戦っていたが、ターン12でクラッシュしたことでそのチャンスを失った。

 チェッカーフラッグの直前まで5番手を走行していたマルケスは転倒を喫した。これによりヤマハのマーベリック・ビニャーレスがポールポジションを獲得した。

 予選後、マルケスはその転倒について説明し、強くプッシュしてターン12でイン側に寄りすぎたことを認めた。

「ミスがあったから、今日は満足できなかった」とマルケス。

「僕はできるだだけ速く走ろうとしていた。僕が想定していたようにプッシュできていれば、ポールを争うのに十分な速さを持っていたと思う」

「でも、僕はあまりにも強くプッシュしすぎた。そしてブレーキングポイントで少し膨らんだまま、コーナーに侵入してしまった」

「それが僕のミスだった。明日の決勝ではそのコーナーを気を付けなければならないね」

 マルケスは決勝を2列目からスタートすることに対し次のように語った。

「様子をみてみるよ。明日のウォームアップでみんなさらに速くなると思う」

「特にマーベリックにはそうだろう。彼はポールにいると速い。それでも、改善できるようやってみるよ」

「レースは長くなると思う。ペースを作るのは難しいだろう。でも僕は5番目からスタートする。トラックや限界を理解することが重要だと思っている」

「昨年はポールからスタートしたけど、スタートから3周目にはミスをして5番手になっていた」

 マルケスはクラッシュで終わった予選だったが、朝よりもフィーリングを改善できたと感じているようだ。

「FP3はすこし不運だった。最速を記録することができたけど、バイクのフィーリングが良く感じられなくて、セットアップは期待通りに機能していなかった」

「僕たちは午後に向けて大きな変更をいくつか加えた。その後、フィーリングが良くなったんだ。ペースを安定させるのが簡単になった。明日のタイヤをどうするのかまだ決まっていないけど、特にリヤタイヤが肝心だと思う」

「もうひとつは、タイヤの性能劣化だ。タイヤの劣化は激しいので、感触をつかむのが難しい」

Additional reporting by Oriol Puigdemont

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 アラゴンGP
サーキット モーターランド・アラゴン
ドライバー マルク マルケス
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース