今季予選ワーストのイアンノーネ「何が起きているのかわからない」

サンマリノGPで21番手となったイアンノーネは、予選は大失敗だが、”とても遅い”わけではないと話した。

 ドゥカティからスズキに移籍して以来、ここまで苦戦に耐えているアンドレア・イアンノーネは、サンマリノGPの予選でチームメイトのアレックス・リンスを下回る21番手となり、今シーズンの予選結果の中で最も悪い結果となってしまった。

「正直なところ、何が起きたのかわからない」とイアンノーネは話した。

「僕たちはとても苦戦している。僕が望んだ通りにも、そして通常と同じようにもバイクに乗れないんだ」

「ひとつ主要なトラブルを抱えていることが問題だ。でも小さな問題もたくさんある」

 またスズキのチーム代表であるダビデ・ブリーヴィオはこう話した。

「ここのトラックは我々に最適な場所ではない。我々はトラックに適応することの難しさに直面している」

「剛性の改善を狙って新しいシャシーを導入するが、テストではどのような作業が必要になるのかを今日は予測していた」

「彼は重要なフィードバックをくれたので、それを分析するつもりだ。しかしともかく、彼のパフォーマンスは我々が望んでいたものではなかった」

 イアンノーネとリンスは月曜日にテストを行うことになっている。また火曜日には、リンスに代わってスズキからスーパーバイクに参戦しているシルバン・ギュントーリがテストを行う。

 しかし天候不順が続いた場合は、テストは火曜日に延期されることになる。また2日間ともテストを行えなかった場合にはキャンセルされる可能性もある。

 なおスズキは、次戦アラゴンの後にもプライベートテストの日程を設けている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 サンマリノGP
サーキット ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー アンドレア イアンノーネ
チーム Team Suzuki MotoGP
記事タイプ 速報ニュース