初日3番手のドヴィツィオーゾ「マルケスが優勝候補。勝つのは難しい」

オーストラリアGPの初日を3番手で終えたドヴィツィオーゾは、フィリップアイランドではマルケスが優勝候補だと語った。

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、金曜日のパフォーマンスには満足しながらも、タイトル争いをしているレプソル・ホンダのマルク・マルケスに勝つのは”とても難しい”と話した。

 金曜日のフリー走行を4番手と3番手で終えたドヴィツィオーゾ。フリー走行2回目では、トップタイムをマークしたアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)に約0.09秒、2番手のマルケスにはわずか0.092秒届かなかった。

 ドヴィツィオーゾは、「競争力はあると思う。今日は思っていたよりも良かったので、それについては満足だ」と話したが、彼はコーナーの真ん中に差し掛かった時のスピードに不満を抱えているようだ。

「朝の最初のフリー走行では、すぐに良い感触を掴めたのでよかった」

 そのドヴィツィオーゾは、フリー走行1回目でトップタイムをマークしていたマルケスこそ倒すべき相手だと考えている。

「現時点では、彼が優勝候補だろう。そうじゃなかったら不思議だし、(マルケスが優勝候補だということに)僕は驚かないよ」

「バイクのフィーリングには満足だ。でも十分じゃない。マルクは僕たちが考えていることを確実にやってきたし、ここでも非常に強い。彼はとても自信を持っているし、彼に勝つのはとても難しいだろう」

「でも僕とのポイント差がそれほど離れていなくて本当に良かった。今日は少し改善することができたので、いつもと同じように作業を続けていかなければならない」

 一方のマルケスは、金曜日のパフォーマンスには満足しているものの、ドヴィツィオーゾのパフォーマンスにも”用心”していると語る。

「FP1(フリー走行1回目)では良い形で始めることができた。ペースもセットアップも良かったし、バイクのフィーリングもとても良かった」とマルケスは話した。

「午後(フリー走行2回目)は少し思うようにいかなかったところもあったけど、FP1の時の調子に戻ることができた。ドヴィ(ドヴィツィオーゾの愛称)は良いスタートを切ったし、FP1で彼がすでにとても速かったことが問題だった」

「僕が強さを発揮できるところといえば、おそらく左回りのコーナーだ。いつもは、左回り(反時計回り)のサーキットで僕はとても速く走れる」

 彼は土曜日には重要な改善をすることができると楽観的に捉えており、メインの目標はバイクの安定性を改善することだという。

「明日に向けて、大きく改善できると思う。特に、高速コーナーでのバイクの安定性についてはね」

「でも今日は、かなり不安定だった」

Additional reporting by Oriol Puigdemont

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストラリアGP
サブイベント 金曜日 フリー走行
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ , マルク マルケス
チーム Ducati Team , Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース