MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

怪我明けのイアンノーネFP2欠場。「リスクの大きいコンディションだった」

怪我による欠場明けのイアンノーネはリスクを避け、フリー走行2回目を出走しないことを決めたと語った。

怪我明けのイアンノーネFP2欠場。「リスクの大きいコンディションだった」
Andrea Iannone, Ducati Team
Andrea Iannone, Ducati Team
Andrea Iannone, Ducati Team
Andrea Iannone, Ducati Team
Andrea Iannone, Ducati Team, bike

 アンドレア・イアンノーネは、第13戦サンマリノGPのフリー走行で負った怪我から、第17戦のマレーシアGPで復帰を果たした。

 イアンノーネは、負傷したサンマリノGPの2週間後、アラゴンGPで出走を試みたが、第3椎骨の微細骨折による痛みがひどく、フリー走行1回目を走った後、その後のセッションの欠場を決定した。イアンノーネは日本GPとオーストラリアGPについても欠場。その間、ドゥカティのテストライダー、ミケーレ・ピッロと、アビンティアのヘクトル・バルベラが代役を務めた。

 イアンノーネは、マレーシアGPのフリー走行1回目に出走。怪我の痛みに対処することはできたと語ったが、Moto2クラスのフリー走行が行なわれている時間に雨が降り出したため、怪我明けの彼はリスクが大きすぎると判断し、フリー走行2回目を欠場することにしたという。

「4レースを欠場した後、バイクに乗ることができて、今朝は非常にハッピーだった」とイアンノーネは語った。彼はフリー走行1回目、4番手タイムを記録している。

「怪我をしていて、まだ痛みはあるが、非常にうまく対処することができた。これは週末に向けて、非常に大切なことだ」

「(午後は)コンディションを考えて、トラックに出ないことにした。大きなリスクを負わないことにしたんだ」

「けど、バイクのフィーリングが良かったのは、とても大事なことだし、今朝はペースが速く、マルク(マルケス)と非常に接近していたから、とてもハッピーだ」

 イアンノーネは木曜日、まだ体調が”100%”ではないと認め、レース距離を走った時に怪我がどうなるか、まだ何も考えていないと語った。

「レースのことを考えるのはまだ早すぎる。けどバイクのフィーリングは良い。これが最も重要なことだ」

関連

MotoGPサンマリノGP:イアンノーネ、欠場が確定

イアンノーネ、マレーシアGPで復帰決定。「レースをしたくてたまらない」

MotoGPマレーシア:FP1 マルケスがトップタイム。青山は20番手

MotoGPマレーシアGP:FP2 マルケスは胃腸炎で不出走。ミラーがトップ

シェア
コメント
昨年のマルケスとの”接触”について「当時の意見を変えるつもりはない」とロッシ

前の記事

昨年のマルケスとの”接触”について「当時の意見を変えるつもりはない」とロッシ

次の記事

クラッチロー、”ペドロサ引退”の不届きな噂を一蹴。「メディアの戯言だ」

クラッチロー、”ペドロサ引退”の不届きな噂を一蹴。「メディアの戯言だ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント マレーシアGP
ロケーション セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー アンドレア イアンノーネ
チーム Ducati Team
執筆者 Jamie Klein