手術を受けたバレンティーノ・ロッシ、最低でも1カ月の安静が必要に

モトクロス中に負傷したバレンティーノ・ロッシは、金曜日の早朝に骨折した脚の手術を受けた。今後は30〜40日の安静が必要となるようだ。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは木曜日、イタリアでモトクロストレーニングをしている際にクラッシュ。右脚の脛骨と腓骨を骨折した彼は、金曜日の午前2時から3時にかけて手術を受けた。彼の脚には金属製のピンが挿入されたという。

 担当した医師は、金曜日に行われた記者会見で「手術は完全に成功した」と説明した。

「まず、私が言いたいのは、バレンティーノは元気だということだ。これは、私たちみんなにとって重要なことだ」

「彼は30から40日間は休息しなければならないと思う。そして、私たちは今後の数週間で、彼の経過を診断することになる」

 MotoGPは、これからの40日間でミサノとアラゴンの2レースが行われる。その後は、もてぎでの日本GPが10月15日に行われるのを皮切りに、フライアウェイの3連戦という厳しい日程が待っている。

 ロッシの脚の怪我は、2010年にムジェロでクラッシュした時と同じ右脚で、脛骨は以前のクラッシュと非常に近い骨折の仕方だったという。

「同じ脚を骨折したとしても、悪影響はない。臨床的にはまた別のケースだ」と医師は付け加えた。

 ロッシは現在、ポイントランキング4位につけており、ポイントリーダーのアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とは26ポイント差となっている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース