MotoGP
28 6月
-
30 6月
イベントは終了しました
05 7月
-
07 7月
イベントは終了しました
02 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
09 8月
-
11 8月
イベントは終了しました
R
第13戦サンマリノGP
13 9月
-
15 9月
次のセッションまで……
19 days
R
第14戦アラゴンGP
20 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
26 days
R
第15戦タイGP
04 10月
-
06 10月
次のセッションまで……
40 days
R
第16戦日本GP
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
R
第17戦オーストラリアGP
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
61 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
68 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
82 days

抜きつ抜かれつ! ものすごい最終ラップを制してロレンソ優勝:MotoGPイタリアGP

シェア
コメント
抜きつ抜かれつ! ものすごい最終ラップを制してロレンソ優勝:MotoGPイタリアGP
2016/05/23 1:20

MotoGPイタリアGPは、5番手スタートのホルヘ・ロレンソが、マルク・マルケスとの抜きつ抜かれつのものすごい最終ラップを制し、トップチェッカーを受けた。

Race winner Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing
Race winner Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing
Podium: race winner Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing, second place Marc Marquez, Repsol Honda Team, third place Andrea Iannone, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing and Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing and Marc Marquez, Repsol Honda Team
Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing and Marc Marquez, Repsol Honda Team
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing
Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing, Marc Marquez, Repsol Honda Team
Podium: race winner Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing, second place Marc Marquez, Repsol Honda Team, third place Andrea Iannone, Ducati Team
Race winner Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

 MotoGPイタリアGP決勝。絶好のスタートを決めたのは、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)である。ロレンソは5番手スタートから一気に先頭に。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)も無難なスタートを決めたが、ロレンソには先行されてしまう。後方では一気に3台がコースアウト、リタイアしている。

 2番手グリッドスタートのマーベリック・ビニャーレス(スズキ)は、スタートを失敗。ドゥカティのアンドレア・イアンノーネも後方に下がってしまう。

 2周目の1コーナーでロッシがロレンソに並びかけるが、これは成功せず。一方、3周目にはマルク・マルケス(ホンダ)がアレイシ・エスパルガロ(スズキ)を交わして3番手に上がる。

 このエスパルガロは、ドゥカティの2台に抜かれ、さらにはスタートに失敗したビニャーレスらにも交わされ、徐々に順位を落としていく。

 残り15周というところで、2番手を走っていたロッシがスローダウン。エキゾーストから激しく白煙を上げ、マシンをストップさせてしまう。これでロッシはリタイアだ。

 ロッシがいなくなった後は、ロレンソとマルケスの激しい争い。また、3番手争いはドヴィツィオーゾとイアンノーネのドゥカティ同士の争いとなっていく。

 残り7周というところで、イアンノーネがドヴィツィオーゾの前に出る。しかも、ふたりの争いは非常に激しく、この間にダニ・ペドロサ(ホンダ)が接近する。

 残り5周。ドヴィツィオーゾはイアンノーネの前を狙うが、オーバーラン。このあいだにペドロサの先行をも許してしまう。

 残り3周というところで、イアンノーネをペドロサが交わし、3番手表彰台圏内に近づいてくる。しかし、再びイアンノーネに抜き返されてしまう。

 残り2周というところで、1コーナーでマルケスがロレンソのインへ! しかしマルケスは止まり切ることができず、ポジションはそのまま。

 最終ラップ、ついにマルケスがロレンソを捉えた! ターン4でトップを奪い、ついに先頭へ! それでも、ロレンソは諦めない! ロレンソは再びマルケスを交わして先頭に復帰。しかしマルケスが再びロレンソを交わして、先頭へ最終コーナーを立ち上がる。

 これでマルケスが優勝かと思いきや、ロレンソも諦めず、その加速力を活かし、フィニッシュライン直前でオーバーテイクを完了。なんと、最終ラップの激しい順位変動の末、ロレンソが優勝を果たした。

 最終ラップでの、首位を争う諦めないふたりの戦い。まず、他のレースでは見られないであろう、そんな激闘が見られた、このすごいイタリアGPだった。最終的にロレンソとマルケスの差は、わずか0.019秒であった。3位にはイアンノーネが入っている。

MotoGPイタリアGP決勝結果:

PosRiderBikeTime/Gap
1 SpainJorge Lorenzo  Yamaha YZR-M1 41:36.535
2 SpainMarc Marquez  Honda RC213V +0.019
3 ItalyAndrea Iannone  Ducati GP16 +4.742
4 SpainDani Pedrosa  Honda RC213V +4.910
5 ItalyAndrea Dovizioso  Ducati GP16 +6.256
6 SpainMaverick Viñales  Suzuki GSX-RR +8.670
7 United KingdomBradley Smith  Yamaha YZR-M1 +13.340
8 ItalyDanilo Petrucci  Ducati GP15 +14.598
9 SpainAleix Espargaro  Suzuki GSX-RR +18.643
10 ItalyMichele Pirro  Ducati GP16 +22.298
11 United KingdomCal Crutchlow  Honda RC213V +27.936
12 SpainHector Barbera  Ducati GP14 +35.712
13 IrelandEugene Laverty  Ducati GP14 +38.032
14 GermanyStefan Bradl  Aprilia RS-GP +40.094
15 SpainPol Espargaro  Yamaha YZR-M1 +59.811
16 ColombiaYonny Hernandez  Ducati GP14 +1:04.397
R Valentino Rossi  Yamaha YZR-M1  
R Scott Redding  Ducati GP15  
R Jack Miller  Honda RC213V  
R Loris Baz  Ducati GP14  
R Alvaro Bautista  Aprilia RS-GP  
次の記事
ロッシ、ビニャーレスのスリップストリームを使えたのは”偶然”

前の記事

ロッシ、ビニャーレスのスリップストリームを使えたのは”偶然”

次の記事

マルケス、勝利の可能性を感じていた

マルケス、勝利の可能性を感じていた
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント イタリアGP
サブイベント 日曜日 決勝レース
ロケーション ムジェロ・サーキット
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中 , マルク マルケス 発売中