指の怪我を押して参戦のクラッチロー「痛みはないけど乗るのは難しい」

チーズをカットしている時に指まで切ってしまったクラッチローは、痛みは無いもののバイクを御するのは難しいと語る。

指の怪我を押して参戦のクラッチロー「痛みはないけど乗るのは難しい」

 LCRホンダのカル・クラッチローは、今週初めにチーズをカットしていた際に誤って指まで切ってしまい、特製のサポーターを装着してのライディングを強いられている。そのため、今週末のレースに乗ることができるかどうか、慎重な姿勢を見せていた。

 そして迎えたサンマリノGP初日、クラッチローはFP1で4番手、FP2でも6番手のタイムを記録してみせた。

「心地良くはなかった」

 そうクラッチローは語った。

「でも、痛みがあったと言ったら嘘になる。あまり苦痛は感じなかったんだ。ただ、バイクを走らせるのが難しかっただけだ」

「先日バルセロナでバイクに乗った時、僕は指を下向きにしていた。上を向けていたら、快適ではないと思ったからだ」

「でも今は、指を上に向けるようにしている。サポーターがあるから不快だけど、それ以外はバイクはOKだと感じた」

 クラッチローはハードタイヤを履いたアウトラップの終盤、ターン15でクラッシュしてしまった。

「本当に奇妙だった。僕は12〜14℃という低い気温で、このタイヤを使ってレースしたことがある。その時は問題なかった」

 そうクラッチローは説明した。

「マルク(マルケス)もこのタイヤを今日の午後に使った。そして5周したら、もう使えないと言っていたんだ。もう完全に限界だった」

「それは不運だったし、バイクはとても良い感じだった。時間も失いたくなかった。だから、クラッシュしてしまったことについては、チームに申し訳なく思っている」

 マルケスとクラッチローがコース終盤でクラッシュしたのに対し、FP2ではサム・ロウズ、ジャック・ミラー、アレックス・リンスの3人がターン1でクラッシュした。

 クラッチローはこれらのクラッシュについて、次のように語った。

「とても奇妙だった。コースはとてもグリップ力が強い感じがした」

「みんなこのコースの感触は悪く、グリップがあまりないと言うけど、僕はOKだと感じた。僕の限界は、バイクに乗っている僕のコンディションだと思う。コースの限界ではない」

Additional reporting by Jamie Klein

【関連ニュース】

シェア
コメント
スタート練習をイアンノーネに邪魔されたマルケス「少し怒っている」

前の記事

スタート練習をイアンノーネに邪魔されたマルケス「少し怒っている」

次の記事

ビニャーレス、ヤマハの2018年プロトタイプシャシーで”改善”を実感

ビニャーレス、ヤマハの2018年プロトタイプシャシーで”改善”を実感
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント サンマリノGP
ロケーション ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー カル クラッチロー
チーム Team LCR
執筆者 Scott Mitchell