新記録達成のペドロサ、ミサノでのペースは「信じられないほど良かった」

サンマリノGPの勝者ペドロサは、MotoGPでの新記録達成。過去8レースで8人目のウイナーとなった。

 30歳のダニ・ペドロサ(ホンダ)は、サンマリノGPでの優勝によって、2006年シーズンから11年連続で優勝を記録し、自身の持っていた記録を伸ばした。ペドロサは、史上最年少で250ccクラスのチャンピオンとなった後、ステップアップしてから未勝利に終わったシーズンは1度もない。

 経験の長いペドロサだが、1シーズンでこれほど多くの優勝者が出たのは見たことがないという。

「こんな風に、先頭が毎回入れ替わるのは見たことがないよ」とペドロサは語った。

「僕らは今、地に足をつけて、次のレースに集中する必要がある。同じレベルのパフォーマンスを発揮できるように努力しなければ」

8レースで8人の勝者

イベント チーム ライダー 勝利数
Italian GP Yamaha Jorge Lorenzo 43rd
Catalan GP Yamaha Valentino Rossi 88th
Dutch TT Marc VDS Honda Jack Miller 1st
German GP Honda Marc Marquez 27th
Austrian GP Ducati Andrea Iannone 1st
Czech GP LCR Honda Cal Crutchlow 1st
British GP Suzuki Maverick Vinales 1st
San Marino GP Honda Dani Pedrosa 29th

『暗黒時代』は過ぎ去ったと語るペドロサ

 ポイントランキングで4位に浮上したペドロサだが、今シーズン、ワークスのレプソルホンダでかなり苦しんでいたことを認めた。

「見えるもの全てが、暗く見える瞬間があった」とペドロサは語った。

「けど今日は素晴らしい日だった。リズムが鍵だったね。信じられないようなハイペースで、多く周回することができた。ミスを犯さないようにしたよ」

「レースの序盤は確信できなかった。バレンティーノ(ロッシ)がレースをかなりリードしていたからね。表彰台はチャンスがあると思っていたけど、少しずつトップ3(ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、マルク・マルケス)に追いついているのがわかった。僕は良いペースで、ラップタイムを維持していた」

「長く苦しんでいた後だったから、最高に素晴らしい気分だった。友達や家族、チームのみんなが僕を支えてくれた。辛い時期には、本当に必要な助けだった」

フロントにソフトタイヤを選択したのが勝利の鍵

 ペドロサは、フロントにソフトタイヤを選択してスタートした、わずかふたりのライダーのうちのひとりだ。この選択によって追加のグリップを得たペドロサは、予選で8番グリッドに沈んだところから、トップまで浮上することができた。

 彼はスタートで6番手に浮上。アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、マーベリック・ビニャーレス(スズキ)をレースの序盤でパスし、その後チームメイトのマルケス、ヤマハのロレンソとロッシを立て続けに追い抜いていった。

「今週の僕の強みはリズムだった。予選ではかなり苦しんで、良いラップタイムを残せなかった」と彼は語った。

「予選での僕のラップは、今日の決勝での僕のタイムとほぼ同じくらいだった」

「暑いコンディションでこのタイヤは試していなかった。朝のセッションで試しただけだけど、良いフィーリングが得られた。それがこのタイヤを選択した理由だ」

「決勝では、そのことについては忘れていて、ライディングに集中していた。フィーリングが良くて、ラップタイムも維持できた。それが決勝ですごく重要なことだった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 サンマリノGP
サーキット ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー ダニ ペドロサ
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース