”日本GPの魅力”をチュートリアル福田&レイザーラモンRGが熱く語る!

シェア
コメント
”日本GPの魅力”をチュートリアル福田&レイザーラモンRGが熱く語る!
2017/09/27 10:53

開催が間近に迫ったMotoGP第15戦日本GP。チュートリアル福田充徳さんとレイザーラモンRGさんが、その魅力を語った。

 全18戦で争われる2017年シーズンも終盤に差し掛かり、ツインリンクもてぎで開催される日本GPまで2週間あまりとなった。そんな中、バイク大好き芸人としてお馴染みのRGツーリングクラブの2人、チュートリアルの福田充徳さんとレイザーラモンRGさんが日本GPの見どころについて語った。

ドヴィツィオーゾの活躍とロッシの勇姿を見逃すな!

ーー今シーズンこれまでの戦いを見て、日本GPの見どころはどこだと思いますか?

福田「(ドゥカティのアンドレア)ドヴィツィオーゾがこんなに活躍するとは思っていなかったので、そこが面白いなって感じました」

RG「どこが勝つかわからないところが、過去2年と違うところかなと思いますね」

「ドゥカティオーナー(大型バイク『ディアベル』を所有)として、これまで肩身がせまい思いをしていたんですが、今年は心の底から応援できます。ドヴィツィオーゾっていうシブい男が、陽の目を浴びている姿を見て、毎レース毎レース泣きそうになるし、彼を信じたチームにも嬉しい思いを感じています」

福田「それにやっぱり、いつまでロッシが現役で走る姿を見られるかっていうのも見所です。今年はオーストリアGPの時に現地に行ったんですが、すごい人気なんですよ。それに脚を2カ所骨折していてアラゴンでトップを走ったわけじゃないですか!」

「あのベテランがランキングトップ争いをしているということは、(サッカー)キング・カズさんが得点王争いをしているようなもので、それを見られる機会があと何回あるのかわからないですけど、それをもてぎで見られるというのはすごいことだと思いますし、優勝する可能性ももちろんあります。ホルヘ(ロレンソ)のドゥカティ1勝目も見たいですし、タイトル争いも含めてとにかく色々と楽しみです」

ーーMotoGPに負けない魅力があるMoto2やMoto3クラスについてはどうでしょう?

福田「来季MotoGPに昇格する中上(貴晶)くんはMoto2でもてぎを走るのがラストなので、『君が代』を流せるように頑張りますとは言ってくれたし、今年のMoto3はすごくレベルが高いと感じる中で、日本人の3選手も表彰台が狙える位置にいると思います。もともと、排気量の小さいクラスは日本人のお家芸だったので、まずはMoto3がそうなってほしいし、もてぎでは表彰台に上がってくれるんじゃないかなと期待しています」

RG「もっと地上波のニュースでも取り上げてもらえるように、中上くんに密着取材がつくくらい活躍してほしいなと思います。若い子たちがバイクに乗りたいと思えるような、スーパースターになってほしいですね」

MotoGPに詰まっている”男の憧れ”

ーーズバリ、MotoGPの魅力とはなんですか?

福田「4輪に比べて、2輪はライダーのスキルがより影響するのかなと思うんですよ。雨のレースだったり、遅いマシンでもライダーのスキルで跳ね返したりできることがよくあるのかなと思います。それがかっこいいし、面白い。自分がバイクに乗るだけに、”なんであんなことができるんだろう”って感じるんですよね。乗り物を速く乗れるヤツがとにかくかっこいい、”男の憧れ”です」

RG「カウルに隠れているとはいえバイクのメカメカしさや、ヘルメットのデザインだったり格好良さから入りました。MotoGPの魅力を(福田さんに)色々教えられてきて、タイヤの選択や使い方の違いっていうのがわかってきたので、さらに面白くなりました。ただ格好いいだけではなくて、戦略や各メーカーの開発なども含めて、スポーツとして野球やサッカーと同じ感じで見ています」

「2輪はライダーが丸見えなので、ペドロサは小柄なのにあれだけ見事にバイクを操っていたりとか、ロッシのスタイルの良さとか(笑)見えるのも魅力ですね」

1000台以上のバイクでパレード! 忘れられない思い出に

ーー日本GPで、おふたりはどのようなお仕事を?

RG「福田さんはMotoGPのマスコットキャラクターと言っても過言ではないですし、僕たちRGツーリングクラブの方はライトなファンだったり、免許取り立てくらいの人たちと楽しみたいですね」

「R123パレードは、道の駅もてぎからスタートして国道123号線をパレードランするんですが、過去にはケビン・シュワンツさんだったり毎年レジェンドライダーの方が来られるんです。それに1000台以上のバイクとツインリンクもてぎの本コースを走れるのですごく思い出になります」

福田「キャンプしてる人たちも手を振ってくれるんですよ。時間を共有している感じがしてすごく楽しいし、年に1回のお祭りという感じがします」

「もてぎに行くと、”こんなにMotoGP好きな人がいっぱいいるんだ”とか、”女の人も結構いるんだ”とか感じます」

RG「そういったいろんなファンを取り込みたいというか、僕たちが橋渡し役になりたいですね」

福田「他にも、前夜祭のトークステージにも参加するので、RGの”MotoGPあるある”も聞けるかもしれません」

RG「MotoGP開催に合わせてRGツーリングクラブのDVD第3弾も発売、現地でも販売されます。バイク屋さんでも結構人気があるんですよ!」

ーー最後に、来場を迷っているファンに一言どうぞ!

RG「僕はいつも思っているんですが、もてぎに”ヨーロッパ”が来たようなものだと思うんですよ。海外旅行に行ったような気持ちで来てください」

福田「MotoGPライダーの本場の凄さを目の当たりにできるし、Moto2やMoto3でも君が代が聞けるかもしれないので、それをみんなで応援しに行きましょう」

 コアなモータースポーツファンから、ライトなファンや免許取り立ての初心者ライダーまで楽しめること間違いなしの日本GP。ぜひ、足を運んでみてはいかがだろうか。

 イベント情報など、詳しくはツインリンクもてぎのMotoGPページ(http://www.twinring.jp/motogp/)まで。

【関連ニュース】

次の MotoGP ニュース
怪我から奇跡の復活を遂げたロッシ。今季のマルケスの”強さ”を認める

前の記事

怪我から奇跡の復活を遂げたロッシ。今季のマルケスの”強さ”を認める

次の記事

ドゥカティ移籍後初勝利を期待するロレンソ「もてぎは最大のチャンス」

ドゥカティ移籍後初勝利を期待するロレンソ「もてぎは最大のチャンス」
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 日本GP
ロケーション ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース