早期復帰のロッシ「復帰を決めたのはタイトル争いのためではない」

今週末のアラゴンGPに出走する予定のロッシは、チャンピオンシップを争うのために復帰するのではないと語った。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、手術をしてからまだ間もないにもかかわらず今週末のアラゴンGPに出場することを決めたが、それはチャンピオンシップのためではないと話した。

 トラック上でのフィットネステストをクリアしたロッシは、今週末のアラゴンGPのフリー走行から戦列に復帰することになっている。最低でも復帰には”30~40日”かかるという見込みだったが、ロッシが大怪我を負ってからまだ22日しか経っていない。

 前戦サンマリノGPを欠場したロッシは、ランキングトップと42ポイント差で現在4位につけている。なおアラゴンを含めた残り5レースでは、最大で125ポイント獲得可能だ。

 しかし彼は、今年のMotoGPタイトルを獲得するという彼の野望は、アラゴンでの戦列復帰に影響を与えていないと語った。

「チャンピオンシップのためじゃない」とロッシは主張した。

「すべてのことがオープンだとは思うけど、それはトップ3人のライダーに対しての状況だ」

「チャンピオンシップのために復帰を決めたのではない。僕はできるだけ早く良い形で復帰したいと思っていたし、これがベストな方法だと考えている」

「僕はここにいたい。ミサノでのレースを欠場したせいで大きく痛手を被った」

 ロッシはタイトルへの野心を重視していないが、ヤマハのチームマネージャーであるリン・ジャービスは、ロッシは先週末行われたF1シンガポールGPでのタイトル争いにインスピレーションを受けているだろうと主張した。

 ロッシの復帰についてジャービスは、「彼のキャリアを見たら、”なぜ彼はまだバイクに乗っているんだ?”と尋ねる人もいるだろう」と話した。

「彼はこのスポーツを愛しているし、レーサーなんだ。我々にはまだ5レース残されており、何かが起こる可能性もある。F1のようにね。誰があんなことになると予想していた? ルイス(ハミルトン)は突如大きくジャンプアップすることになり、フェラーリの状況はひっくり返った。何が起こるのかは誰にもわからない」

「チャンピオンシップではバレンティーノの前に3人のライダーがいるが、どうなるのかはわからない。数学的、物理的に(タイトル獲得が)不可能になるまで、彼はレースに出てプッシュし続けるだろう」

アラゴンでの目標は明言せず 

Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

Photo by: Gold and Goose / LAT Images 

 ロッシは、シーズン終盤の日本、オーストラリア、マレーシアというフライアウェイ連戦に向けて、アラゴンでバイクに乗ることが極めて重要だと考えている。

「確かにアラゴンでレースをフィニッシュするのは非常に難しいだろう。でももてぎまでに3週間あるし、レースを欠場しないことがとても大切なんだ」

「またシーズン終盤に向けても非常に重要だ。トップレベルの争いに復帰するためにも、怪我をした足のことについて、何をすべきなのかをより明確に理解することもだ」

 また彼は、2010年に右足を骨折した時よりも今回の方がスムーズに回復していると語った。しかし2010年と今では状況が異なると語り、アラゴンGPでの目標については話そうとしなかった。

「前回(2010年)の復帰戦は大きなサプライズだった。(ケーシー)ストーナーとの3位争いの末、最終ラップでポディウムを失ったんだ。確か最終コーナーだったと思う。僕にとっては大きなサプライズだった」

「今は状況が違う。自分のレベルはわからないけど、明日はそれを理解する必要がある」

「レースに出ること、レースをフィニッシュすることはいい目標だ。それにおそらく、先頭に立つこともね。でも話すのにはまだ早い。それについては明日話す方が良いだろう」

Additional reporting by Jamie Klein

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 アラゴンGP
サーキット モーターランド・アラゴン
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース