来年以降、豪州GPのスタート時刻を前倒しへ「気温が下がりすぎる」

MotoGPのトップライダーたちは、オーストラリアGPのスタート時刻を、来年から1時間ほど前倒しすることを求めている。

 MotoGPのトップライダーたちは、オーストラリアGPのスタート時刻を現在の16時から前倒しし、少なくとも15時までに開始することを求めている。

 オーストラリアGPの舞台となっているフィリップアイランド・サーキットは、16時のスタート以降、気温と路面温度が低下することが多い。

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスによると、スタート時刻を前倒しする計画が進行中であるという。

「これは既に、昨年話をしたことだ」

 そうマルケスは語る。

「僕ら、そしてライダー全員にとっては、遅くとも15時までにスタートする方が良い」

「なぜなら毎年、16〜17時の間に同じ問題に見舞われているんだ。気温が大きく下がるんだ。15時なら違うだろうね。将来に向けては、15時かもう少し早くスタートすることを望んでいる」

 ヤマハのマーベリック・ビニャーレスも、マルケスの考えを支持し、次のように付け加えた。

「昨日これについて話し合った。そして、最終的には全てのライダーが同意した」

「特に気温が下がった時の最終ラップを考えれば、安全のために15時にスタートした方がいい」

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシも、金曜日の安全委員会でこの問題が正式に議論されたことを認めた。

「ここでは、日常的な話題だ」

 そうロッシは語った。

「僕らはこれについて、昨日の安全委員会で話し合った」

「あまりにも遅くレースを行うと、リスクが増加する。特に雨が降っていると、コースの温度が下がりすぎてしまうんだ」

「今年変更するのは不可能だが、来年やそれ以降に向けては1時間早くスタートしようとしている。その1時間は、大きな違いを生むことになる」

 オーストラリアGPは、2008年からずっと16時にスタートしてきた。ただ、スタート時刻を前倒しすることのひとつの弊害は、ヨーロッパのファンにとって観戦が厳しい時間帯になるということを示す。15時スタートとなれば、イギリスでは午前5時、中央ヨーロッパ時間では午前6時からレースを視聴するということになる。

Additional reporting by Oriol Puigdemont

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストラリアGP
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー マルク マルケス , マーベリック ビニャーレス
記事タイプ 速報ニュース