王座争いという”不慣れな状況”に”リラックス”するドヴィツィオーゾ

ドヴィツィオーゾは、マルケスとタイトルを争うという”慣れない状況”に「リラックスしている」と語り、それが違いを生むと考えている。

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、雨中で行われた日本GPでのホンダのマルク・マルケスとの闘いを制して優勝。ポイント差を11に縮め、タイトルへの十分な権利を手にして今季残り3レースに挑むことになる。

 もしドヴィツィオーゾがチャンピオンに輝いたならば、ドゥカティにとっては2007年のケーシー・ストーナー以来のことになる。そしてドヴィツィオーゾは、マルケスに対して劣勢だとみられていることでプレッシャーが和らいでいると感じているという。

 さらにドヴィツィオーゾは、もしマルケスを倒すことができなかったとしても、もてぎまでにすでに5勝を挙げている今シーズンは、素晴らしい1年だったと判断されるだろうと語る。

「チャンピオンシップを戦うためには、僕らは残りのレース全てで速くなきゃいけない」

 そうドヴィツィオーゾは語った。

「これは本当の意味での挑戦だ」

「僕らがチャンピオンの最有力候補だとは思わない。でも、僕らは慣れない状況にいるから、逆にとてもリラックスして作業していると言わなければならない」

「チャンピオンシップに勝利することができたら、現実とは思えないほど素晴らしいことだ。でももし勝てなくても、これまで素晴らしい闘いをしてきたと思う」

「こういう事実は、落ち着いて働くこと、そして正しい瞬間にだけリスクを冒すということに役立つ。これは重要なことだ。なぜなら今のMotoGPでは、僅かな差が違いを生むことになるから」

「どんなことでも起こり得る。しかしいずれにしても僕はリラックスしているし、(日本GPの)週末が始まる前にもリラックスしていた。これを続けていきたいと思う」

フィリップアイランドはマルケスが有利!?

 ドヴィツィオーソは、今週末のオーストラリアGPでマルケスを倒すのは難しいだろうということを認める。舞台となるフィリップアイランドは、例年マルケスが得意とするサーキットだからだ。しかしその一方で今週末も強さを見せられるだろうと、ドヴィツィオーゾは考えている。

「確かに、(フィリップアイランドでは)少し状況が異なるだろう」

 そうドヴィツィオーゾは語った。

「そこはマルクのお気に入りのサーキットのひとつだからだ」

「難しくなるだろう。長い左カーブでは、マルクはいつも差をつけるんだ。彼はそのコーナーのスペシャリストなんだ。僕らじゃない」

「でも昨年ここで、僕らは良いレースをした(※優勝したカル・クラッチロー/LCRホンダから10秒以内の差で4位)。そして今年の僕らは、昨年よりも競争力がある」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 日本GP
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ , マルク マルケス
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース