ロッシ「”アグレッシブすぎる”ドヴィツィオーゾのせいで表彰台を失った」

シェア
コメント
ロッシ「”アグレッシブすぎる”ドヴィツィオーゾのせいで表彰台を失った」
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
協力: David Gruz
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/02 9:04

ロッシは、レース終盤のドヴィツィオーゾのアグレッシブすぎるオーバーテイクにより表彰台を失ったと主張した。

Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Jorge Lorenzo, Ducati Team, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing, Marc Marquez, Repsol Honda Team
Marc Marquez, Repsol Honda Team, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Andrea Dovizioso, Ducati Team
Andrea Dovizioso, Ducati Team
Marc Marquez, Repsol Honda Team, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing, Maverick Viñales, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、オランダGP終盤のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)との表彰台争いについて、ドヴィツィオーゾのアグレッシブすぎるオーバーテイクのせいで2位を失ったと話した。

 決勝レースの終盤、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が優勝を狙って先頭集団から抜け出した一方、ロッシはラスト2周を迎えた時点で2番手争いの真っ只中だった。

 ロッシは最終シケインでドヴィツィオーゾをパスし、2番手に浮上。しかしドヴィツィオーゾはストレートでロッシに追いついた。両者はターン1の進入で並ぶも接触し、ロッシは弾き飛ばされるような形で彼は一時7番手までポジションを落としたが、最終的には5位でレースを終えている。

 昨年はこのオランダGPで優勝を飾ったロッシ。彼はレース後、ドヴィツィオーゾの一連の動きは、表彰台を獲得したアレックス・リンス(スズキ)やマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)のような”賢い”ものではなかったと話した。

「もちろん少し残念に思う。表彰台に乗れる可能性があったと思っていたけど、最終的には5位だった」

「レース中は(タイヤを)コントロールしようとしていた。というのも僕はリヤにソフトタイヤを履いていて、少し限界を迎えていたけれど、先頭のグループについていこうとしていたんだ」

「ドヴィツィオーゾはターン1でオーバーテイクしようとしてきたので、僕はとても強くブレーキを踏んだ。でも残念ながら彼のほうが先にターン1に到達し、僕はトラックの外に出ざるをえなかった」

「アグレシッブなオーバーテイクだった。でも今日はそういうものをたくさん見た。最低でも25回はあっただろう」

「僕としては、戦略的にも賢いとは思えなかった。僕とドヴィは2位と3位に入れる可能性はがあったのに、たくさんのものを失って4位と5位だった」

「残念だけど、今日のレースはこのような感じだった」

ドヴィツィオーゾ「ロッシは決断を間違った」

 ドヴィツィオーゾは、ロッシが表彰台を失ったことに腹を立てていることを理解している。しかし彼は、ターン1でアウト側からオーバーテイクを試みたロッシにはミスがあったと考えている。

「自分の状況をロッシの立場に置き換えてみれば、理解できる。確かに彼は力強いポジションにいたんだ。でも僕は限界を超えたことはしていない」

「彼は誤った決断をしたのだと思う。アウト側にいる時は2回ブレーキをかけるけれど、イン側では1度ハードブレーキングをする。でもレース終盤の時点では、これは良くないと僕は思う」

「あの時、僕らはふたりとも先にターン1を通過したいと思っていた。でも彼はアウト側にいたので、僕はブレーキをコントロールできた」

「彼は2度ブレーキをかけたが、イン側の僕も2度ブレーキをかけた。少しワイドになったけれど、僕はトラック上に留まることができた。おかしなことは何もしていない」

「彼にとっては気の毒だけど、これが現実だ」

「例えば、マルク(マルケス/レプソル・ホンダ)とマーベリック(ビニャーレス/ヤマハ)は同じことをしていたけれど、彼らはもっとプッシュしていて、コースオフもしていた」

Additional reporting by Mark Bremer

次の記事
オランダGP決勝:マルケスが熾烈な集団戦を制す。スズキのリンス2位

前の記事

オランダGP決勝:マルケスが熾烈な集団戦を制す。スズキのリンス2位

次の記事

MotoGPコラム:速さと巧さを兼ね備えたマルティン。その秘訣とは

MotoGPコラム:速さと巧さを兼ね備えたマルティン。その秘訣とは
Load comments