MotoGP 100 Km dei Campioni

ロッシさん家で今年も耐久レース! 王者バニャイヤ、リンスやドヴィツィオーゾら豪華面子も参加しダートコース駆ける

MotoGPレジェンドのバレンティーノ・ロッシが私設コースで主催する、耐久レースイベントが開催。MotoGPライダーら豪華メンバーも多数参加し、ダートコースで二人一組のレースに興じた。

Lorenzo Baldassarri, Elia Bartolini, vincitori della 100Km dei Campioni 2022

 11月25~27日にバレンティーノ・ロッシの私設ダートコース”ランチ”で豪華メンバーの参加する100km耐久レースが行なわれた。優勝したのは、ロレンソ・バルダッサーリ&エリア・バルトリーニのコンビだった。

 今年で8回目を迎えている、ロッシ主催の二人一組のチームによるダート耐久レース。毎年VR46アカデミー生や、MotoGPライダーなど豪華メンバーが参加することから話題を集めている。昨年はロッシのライバルだったホルヘ・ロレンソが招待されていたことも記憶に新しい。

100km dei Campioni 2022, Valentino Rossi

100km dei Campioni 2022, Valentino Rossi

Photo by: Media VR46

 今年の参加メンバーも豪華だ。VR46アカデミー生として初のMotoGPチャンピオンとなったフランチェスコ・バニャイヤをはじめとして、アレックス・リンス、ホルヘ・マルティンといった現役のMotoGPライダーが参加。サンマリノGPでMotoGPを引退したアンドレア・ドヴィツィオーゾもこの耐久レースに参加している。

 2日制で行なわれるこのイベントだが、今年は26日(土)が悪天候となったため、レースが1日延期。天候の回復した27日(日)に改めてレースが行なわれた。

 タイムアタックでポールポジションを獲得したのは、ロッシ&ルカ・マリーニの兄弟コンビ。2番手にはバルトリーニ&バルダッサーリ組、3番手にはフランコ・モルビデリ&アンドレア・ミーニョというフロントロウとなった。

 全50周のレースがスタートすると昨年の大会を同じくマリーニとのコンビで優勝したロッシは、連覇を狙っていくものの、リードを維持することはできず。2番手スタートのバルトリーニ&バルダッサーリ組に先頭を奪われると、彼らはリードを着実に築いていき、最終的に39秒差のリードを残してフィニッシュ。今年の勝者となった。

 

 2位はロッシ&マリーニ、そして3位はVR46ライダーのセレスティーノ・ビエッティ&ニッコロ・アントネッリ組という結果になった。なおMotoGP王者バニャイヤとマルコ・ベッツェッキのコンビは5位だった。

 表彰台では”46”の刻印入りのハムとソーセージが商品として贈呈。花火とともに、大盛りあがりのうちにイベントが終了した。果たして、来年はどんな豪華メンバーによるレースが見られるのだろうか?

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ダニーロ・ペトルッチ、2023年WSBK参戦が決定。今年はダカール、MotoAmerica、スズキMotoGP代役と大活躍
次の記事 “ロッシの弟”にもうプレッシャーは無し……ルカ・マリーニ「時代も違うし、比較は不可能だからね」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本