2018年よりバレンシアをはじめとしたMotoGPのレース距離が短縮

2018年MotoGP最高峰クラスの全19戦のうち7戦のレース距離が短縮されることが決定した。

 2018年MotoGP最高峰クラスの全19戦のうち7戦のレース距離が短縮されることが決定した。

 今回レース距離を短縮することになったのは、安全委員会で集まったライダーたちが、各グランプリのレース距離が長すぎるという議題を提起したことから始まった。

 またレース主催者がスケジュールを管理することを考慮し、Moto2クラスの9レース、Moto3クラスの7レースも合わせて短縮されることになる。

 MotoGP最高峰クラスでレースが短縮されるのは、オースチン、ヘレス、ル・マン、バルセロナ、ブルノ、ミサノ、バレンシアである。ほとんどのグランプリが1ラップのみ短縮されるが、ヘレスは2ラップ、バレンシアは3ラップ削減される。

 また2019年より電動バイクのレースであるMoto-eワールドカップが、ヨーロッパで4~6ラウンド開催される予定だ。

 8周で争われるMoto-eは、ほとんどが現地時間14時にスタートするMotoGP最高峰クラスの前座レースであるため、タイムスケジュールはさらに過密なものとなると予測される。

Translation by Irene Aneas

短縮されるレースの一覧:

Race2017 distance2018 distance
 オースチン 21 laps 20 laps
 ヘレス 27 laps 25 laps
 ル・マン 28 laps 27 laps
 バルセロナ 25 laps 24 laps
 ブルノ 22 laps 21 laps
 ミサノ 28 laps 27 laps
 バレンシア 30 laps 27 laps

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
記事タイプ 速報ニュース