MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGP日本GP予選:中上貴晶、渾身アタックで13番手。マルケス今季10度目PP

シェア
コメント
MotoGP日本GP予選:中上貴晶、渾身アタックで13番手。マルケス今季10度目PP
執筆:
2019/10/19 10:53

MotoGP第16戦日本GPの予選は、レプソル・ホンダのマルク・マルケスがポールポジション。LCRホンダの中上貴晶は惜しくもQ2進出を逃した。

 MotoGP第16戦日本GPの予選が行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが今季10度目のポールポジションを獲得した。

 前日から降った雨の影響が残ったツインリンクもてぎ。FP3はウエットコンディションで行われたものの、午後になって雨は降り止んだ。Moto3、Moto2クラスの予選が実施されるにつれ、徐々に路面も乾いていった。

 予選直前のFP4では、まずは各車がレインタイヤでコースイン。その後、続々とスリックタイヤに履き替え、予選に向けて感触を確かめた。ここではマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がトップ。右肩に負傷を抱え、出走が危ぶまれていた中上貴晶(LCRホンダ)は9番手だった。

■Q1:中上貴晶、渾身のアタックもQ1突破ならず

 アレックス・リンス(スズキ)やカル・クラッチロー(LCRホンダ)、中上といったライダーがQ1から予選に出走した。

 各車スリックタイヤでアタックへ。まずクラッチローが1分48秒台に突入するが、中上は1分48秒407でそれを上回り、セッション序盤のトップに立った。中上はその後もタイムを更新し1分47秒877を記録。真っ先に1分47秒台を叩き出すと、ピットに戻った。

 各ライダーが少しずつタイムを上げていくが、なかなか中上のタイムを上回れずセッション後半へ。中上もピットに入りタイヤを交換すると、すぐさま2度目の走行に向かった。

 ここでペースを上げたのはクラッチロー。途中挙動を乱す場面もあったが、全セクターで全体ベストを並べ、トップタイムを1分47秒306に更新した。ただ、それをさらに上回ったのが中上。1分46秒998でトップを獲り返した。

 セッション終盤、クラッチローが中上をさらに上回る1分46秒695をマークし、中上はQ2進出当落線上へ。リンスとポジションを争うこととなった。

 リンスは最後のアタック、ラップ前半のペースが振るわず、中上のQ2進出は確実かと思われた。しかしリンスはセクター4で0.3秒ほどのタイムアップに成功し、2番手に滑り込んで意地のQ2進出を決めた。

 最終的に、中上は0.034秒及ばず3番手。満身創痍ながら渾身の走りを見せ、決勝を13番手グリッドからスタートすることとなった。

Q2:マルケス、好調ヤマハ勢を抑えポール獲得

 まずはマルケスが1分46秒980を記録し主導権を握ると、次のアタックで1分45秒923までペースアップ。ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が2番手に続いたが、その差は0.8秒以上となった。

 ジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)やフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)がクアルタラロのタイムを上回るも、マルケスは自身のタイムをさらに0.1秒ほど更新し、他のライダーを寄せ付けない。

 残り時間が6分を切ると、各車がいったんピットへ。マルケスはバイクを乗り換えてコースへ向かった。

 クアルタラロがタイムアップするも、マルケスには0.347秒届かず。マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)もラップ前半を最速ペースで抜けたが、2番手止まりだった。

 マルケスは最後のアタックでわずかにタイムを更新し、1分45秒763をマーク。このタイムを上回るライダーは最後まで現れず、マルケスが今季10度目のポールポジションを獲得した。マルケスにとっては、ツインリンクもてぎではMotoGPクラス初ポールとなった。

 2番手はラストアタックでタイムを上げたモルビデリ。クアルタラロ、ビニャーレスがそれに続き、ヤマハ勢が好調をキープし、上位グリッドに並んだ。一方、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は10番手で予選を終えた。

 5番手はクラッチロー。ラップ前半はマルケスをも上回るペースでアタックし、好位置に食い込んだ。

Read Also:

【リザルト】MotoGP第16戦日本GP:予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マルク マルケス 8 01'45.763     163.418
2 Italy フランコ モルビデリ 8 01'45.895 00.132 00.132 163.214
3 France ファビオ クアルタラロ 8 01'45.944 00.181 00.049 163.139
4 Spain マーベリック ビニャーレス 7 01'46.090 00.327 00.146 162.914
5 United Kingdom カル クラッチロー 8 01'46.189 00.426 00.099 162.762
6 Australia ジャック ミラー 8 01'46.337 00.574 00.148 162.536
次の記事
今季最終レースに“全力”投球。中上貴晶、予選13番手からトップ10目指す

前の記事

今季最終レースに“全力”投球。中上貴晶、予選13番手からトップ10目指す

次の記事

ヤマハ勢を警戒するマルケス、もてぎ初ポール獲得も目標は“表彰台”? 

ヤマハ勢を警戒するマルケス、もてぎ初ポール獲得も目標は“表彰台”? 
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 松本 和己