MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGP日本GP:マルケスが横綱相撲で10勝目! 中上貴晶、粘走で16位

シェア
コメント
MotoGP日本GP:マルケスが横綱相撲で10勝目! 中上貴晶、粘走で16位
執筆:
2019/10/20 8:14

MotoGP第16戦日本GPの決勝は、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が今季10勝目を飾った。

 MotoGP第16戦日本GPの決勝レースが行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がポールポジションから優勝。今季10勝目を挙げた。

 土曜日の予選は路面がウエットから乾いていく難しい状況で実施されたものの、決勝レースは気温21度、路面温度は27度のドライコンディション。グリッド上では、ギリギリになってタイヤを交換する場面も見られた。

 ポールポジションのマルケスが好スタートを見せ、トップをキープ。そこにファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が続いた。3番手には、ジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)が6番グリッドからジャンプアップした。

 クアルタラロは1周目から積極的な走りを見せ、マルケスをオーバーテイクし一時トップに立つ。しかしマルケスも冷静に抜き返し、先頭でオープニングラップを終えた。4番手スタートのビニャーレス(ヤマハ)は7番手、13番手スタートの中上貴晶(LCRホンダ)は16番手にポジションを落とした。

 マルケスはペースを上げ、一気に後続を引き離しにかかった。クアルタラロは2周を終えたところで1.3秒差をつけられるも、ペースを上げてマルケスに追いすがった。ミラーとフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が激しい3番手争いを展開しペースダウン、トップ2が後続にギャップを作る形となった。

 3番手争いは4つ巴の様相。集団をミラーが引っ張り、モルビデリ、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、ビニャーレスが続いた。

 10周目にモルビデリがミラーを交わすと、ミラーはリズムを失ってしまったか、3番手集団最後尾の6番手まで後退してしまった。

 トップを争う2台は、1秒前後のギャップを保ったまま周回。一進一退の精神戦が展開された。

 レース折り返しを過ぎた13周目、同じペースで走り続けるマルケスに対し、クアルタラロのペースが落ちてしまう。これで両者の差が2秒ほどまで広がってしまった。

 また3番手集団からはミラーが脱落。さらにはモルビデリもペースが落ち、ドヴィツィオーゾが3番手、ビニャーレスが4番手となった。

 マルケスとクアルタラロの差が2.6秒まで広がる中、この2台よりも速いペースなのが3番手を争うドヴィツィオーゾとビニャーレス。コーナーで迫るビニャーレスを、ドヴィツィオーゾがストレートスピードのアドバンテージを活かして抑える、白熱の接近戦を演じた。

 残り4周を切り、11番手を走っていたバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が1コーナーで転倒。レースを終えることとなってしまった。

 残り2周となり、最もペースが良いのはドヴィツィオーゾ。クアルタラロとの差を一気に削っていく。一方でビニャーレスはそれについていけず、離されてしまった。

 ファイナルラップに入ったところで、トップのマルケスは1.8秒ほどのリード。クアルタラロの0.8秒背後にはドヴィツィオーゾが迫った。

 マルケスは危なげなくトップチェッカー。ポール・トゥ・ウィンで今季10勝目を挙げた。またこの結果、ホンダがコンストラクターズチャンピオンを獲得している。

 ドヴィツィオーゾを抑えきったクアルタラロは今季4度目の2位フィニッシュ。またしても初優勝をマルケスに阻止される形となった。しかしながら今回のレースの結果、2019年のルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

 ドヴィツィオーゾはクアルタラロに0.455秒及ばず3位。これが3クラス通算100度目の表彰台獲得となった。4位はビニャーレスだった。

 5位はカル・クラッチロー(LCRホンダ)。チェッカー間際にモルビデリを交わし、0.047秒前でフィニッシュした。

 中上は16位。スタートでポジションを落として以降は、粘り強い走りを見せた。ポイント獲得には惜しくも届かなかったが、自身にとって今季最後のレースを完走で終えた。

Read Also:

【リザルト】MotoGP第16戦日本GP:決勝結果

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain マルク マルケス 24 -       25
2 France ファビオ クアルタラロ 24 00.870 00.870 00.870   20
3 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 24 01.325 01.325 00.455   16
4 Spain マーベリック ビニャーレス 24 02.608 02.608 01.283   13
5 United Kingdom カル クラッチロー 24 09.140 09.140 06.532   11
次の記事
【ライブテキスト】MotoGP第16戦日本GP:MotoGPクラス決勝

前の記事

【ライブテキスト】MotoGP第16戦日本GP:MotoGPクラス決勝

次の記事

鈴木竜生、“苦杯”の母国戦4位。「この気持ちを糧にしたい」

鈴木竜生、“苦杯”の母国戦4位。「この気持ちを糧にしたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第16戦日本GP
サブイベント 決勝レース
執筆者 松本 和己