6戦ぶりにポイント獲得の中上貴晶「本来の走りを少しずつ取り戻せた」

シェア
コメント
6戦ぶりにポイント獲得の中上貴晶「本来の走りを少しずつ取り戻せた」
2018/08/13 7:26

MotoGP第11戦オーストリアGPで、6戦ぶりにポイントを獲得したLCRホンダの中上貴晶は、レースを振り返りチームへの感謝を語った。

 LCRホンダの中上貴晶は、MotoGP第11戦オーストリアGPをルーキー勢トップの15位でフィニッシュ。第5戦フランスGP以、6戦ぶりのポイントを手にした。

 フリー走行2回目、3回目がウエットコンディションで行われたため、ドライコンディションでの走行が十分に行われていない状態だった。中上は、決勝日午前のウォームアップ走行でセットアップ変更を行い、良い手応えを掴むことができたという。

「今日は暖かいコンディションの1日で、午前のウォームアップでは新しいセットアップを試し、予選から確実に前進している手応えを掴めました」

 中上はそうチームのリリースにコメントを寄せた。予選では振るわず21番手からスタートしたものの、スタートでポジションアップ。17番手に浮上した。

「決勝レースは、スタートを決めて1コーナーもいい位置取りで入って行けたのですが、4コーナーは前が詰まっている状況でした。うまくそこを切り抜けてからは、最後まで28周をきっちりミスなく走ることに集中しました」

「(ヤマハのマーベリック)ヴィニャーレス選手が前にいたので、ついていくように努力したのですが、10周ほどすると彼と離れてしまいました。その後は単独走行になりましたが、安定したラップタイムで走ることができました」

 その後は単独走行が続いたものの、最終ラップでアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)を捕らえオーバーテイク。ルーキー勢トップの15位でフィニッシュし、貴重なポイントを手にした。 

「全力で最後まで走り、最終ラップではエスパルガロ選手をオーバーテイクしてポイントを獲得することもできました。たった1ポイントとはいえ、貴重な点数獲得です」

「ここ数戦は厳しいレースが続きましたが、僕を支え続けてくれたLCR Honda IDEMITSUのチームの皆に感謝をしています。おかげで、自分本来の走りを少しずつ取り戻せるようになってきました。今週はミザノでテストを予定しています。今後の戦いに向けて、充実した内容のテストにしたいです」

次の MotoGP ニュース
ドヴィツィオーゾ「ロレンソの後ろでタイヤ使い切った」優勝争い絡めず

前の記事

ドヴィツィオーゾ「ロレンソの後ろでタイヤ使い切った」優勝争い絡めず

次の記事

オールドルーキーのルティ、来季はMoto2へ。12年目のシーズンに挑む

オールドルーキーのルティ、来季はMoto2へ。12年目のシーズンに挑む
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント オーストリアGP
サブイベント Sunday race
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
記事タイプ レースレポート