MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
14 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
42 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
62 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
70 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
91 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
97 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
98 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
119 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

多重クラッシュの責任はブラドルに? 本人は”後ろから接触された”と主張

シェア
コメント
多重クラッシュの責任はブラドルに? 本人は”後ろから接触された”と主張
執筆:
翻訳:: 青山 悦子
2018/08/06 7:22

オープニングラップで起きたインシデントについて、ステファン・ブラドルに非があるという声が上がっている。

 MotoGP第10戦チェコGP決勝のオープニングラップで3人のライダーが巻き込まれたインシデントについて、今回のレースにワイルドカードで参戦していたHRCのステファン・ブラドルがインシデントを引き起こしたのではないかという意見が上がっている。

 決勝レースのオープニングラップでは、ブラドルがターン3でマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)とブラッドリー・スミス(KTM)に接触し、3人は転倒。そのままリタイアとなった。

 また前戦ドイツGPでもオープニングラップでポル・エスパルガロ(KTM)、アレックス・リンス(スズキ)、アンドレア・イアンノーネ(スズキ)がインシデントに巻き込まれており、2戦連続で複数台のバイクが絡むインシデントが起きてしまった。

 ザクセンリンクでインシデントの煽りを受けたジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)は、危うく今週末もインシデントに巻き込まれるところだったと話した。

「僕の前でそれが起きたので、ペースを落とさなければならなかった」とミラーは話した。

「ブラドルは僕らをパスしようとしたけど、フロントタイヤがロックしてしまっていた。そこからはまるでドミノ倒しのようだった」

「彼はスミスにぶつかり、(スミスは)そこで転倒した。そして彼らはマーベリックをも片付けてしまった。マーベリックはハイサイドになっていた」

「ひどいクラッシュだった。僕はほとんどバイクを止めたようなものだったし、彼らが僕のフロントタイヤの目の前を横切るのをただ待つしかなかった」

「正直、”まただ。デジャビュだ”と思った。でも幸運なことに、今週はそれに絡まれずに済んだ」

 また13番手スタートのフランコ・モルビデリ(マルクVDS)も、このインシデントを目撃したライダーのひとりだった。

 モルビデリは、ブラドルがあまりにも速いスピードでターン3に進入したことによりクラッシュが起きたと話した。また、レースの早い段階でライダーたちがプッシュしすぎてしまうことに”恐怖”を感じたという。

「ステファンはかなりのスピードのままターン3に進入したと思う。そしておそらく少しブレーキが遅すぎて、フロントタイヤのコントロールを失って接触したのだと思う」とモルビデリは語った。

「僕は少し怖かった」

 「唯一恐ろしいと感じたのは、これがレースの初めに集団の中で起きたということだ。(先頭から)離れたポジションにいる時は、多くのライダーがレース序盤にポジションを上げようとする。すると、数人のライダーがブレーキを遅らせるという同じアイデアを考えることもあるんだ」

 「自分の前に大勢のライダーがいて、気をつけなければならないことも多い。だからレースの初めは非常に危険な状況だ。こういった混乱したところから離れるためにも、僕はもう少し前からスタートしたい」

 一方、ブラドルは後ろから誰かに接触され、それがターン3でのクラッシュに繋がったと主張している。

「僕はターン3に向けてブレーキをかけていた、ビニャーレスとは少し距離が近かった。その時突然後ろから誰かがぶつかってきたと思ったんだ」とブラドルは説明した。

「グラベルでストップした時にブラッドリーが巻き込まれていたことに気がついた。何が起こっていたのかわからなかった」

「もっと情報を得ようと、レースディレクターのところへ行った。でも結局カメラの映像がなくて、誰もこれを確認できなかった。僕としてもクエスチョンマークが消えないままだ」

Additional reporting by Jamie Klein and Gerald Dirnbeck

【MotoGP見るなら日テレジータス!】
予選から決勝まで、シリーズ全戦徹底中継!
第11戦オーストリアGP
予選:8月11日(土)19:30〜
決勝:8月12日(日)17:45〜
http://www.ntv.co.jp/G/motorsports/motogp/

次の記事
ドヴィツィオーゾ、後続を引き離すため”毎周ペースを変えて”走行していた

前の記事

ドヴィツィオーゾ、後続を引き離すため”毎周ペースを変えて”走行していた

次の記事

得意のスタート活かせなかったロレンソ、”全く新しい”戦略でレースを戦う

得意のスタート活かせなかったロレンソ、”全く新しい”戦略でレースを戦う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント チェコGP
サブイベント 日曜日 レース後
ドライバー Stefan Bradl
チーム Team HRC
執筆者 David Gruz