予選で転倒のクラッチロー、”重傷”を免れるもレース出場は未定

シェア
コメント
予選で転倒のクラッチロー、”重傷”を免れるもレース出場は未定
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/05/20 4:46

フランスGPの予選中に転倒したクラッチローは、大怪我はなかったものの、現在も病院で検査の結果を待っている。

Cal Crutchlow, Team LCR Honda, Marc Marquez, Repsol Honda Team crash
Cal Crutchlow, Team LCR Honda
Cal Crutchlow, Team LCR Honda
Cal Crutchlow, Team LCR Honda
Cal Crutchlow, Team LCR Honda

 LCRホンダのカル・クラッチローは、フランスGPの予選中に転倒し、病院に運ばれ検査を受けた。大きな怪我はなかったようだが、レースに出場できるかどうかはまだ分かっていない。

 予選Q1に出走したクラッチローは、アタック中に右回りのターン3でリヤタイヤのコントロールを失い、ハイサイドを起こして転倒してしまった。彼はバイクから身体が宙に投げ出されてしまい、自力で立ち上がることができなかったため担架でコース上から運び出された。

 クラッチローは救急車でサーキットのメディカルセンターに運ばれた後、ル・マン総合病院に搬送され、現在も観察下に置かれている。

 LCRホンダの声明によれば、チーム代表のルーチョ・チェッキネロは、クラッチローが”重大な怪我”を負ったわけではないということを明かしたが、一連の血液検査の結果が出るまでは病院にいなければならないと語った。

「まず最初に、最も重要なことは、サーキットのメディカルセンターとこの病院で検査を受けた結果、カルは骨折や何か大きな怪我を負ったわけではなかったということだ」

「しかしカルは退院する前に、一連の血液検査を受け、その結果が出るのを待たなければならない」

「我々もそれを待って、今後の決断を下す前に結果を報告する。何か情報を得たら、すぐにメディアやファンの方々にそれを伝えるよう努める」

 クラッチローはこの転倒によりQ1を突破できず、フランスGPの予選を13番手で終えていた。

次の記事
フランス予選:ザルコが渾身のアタックで母国PP獲得! 中上19番手

前の記事

フランス予選:ザルコが渾身のアタックで母国PP獲得! 中上19番手

次の記事

中上貴晶「100%の状態とは言えないが、上位フィニッシュを目指す」

中上貴晶「100%の状態とは言えないが、上位フィニッシュを目指す」
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント フランスGP
ロケーション ル・マン-ブガッティ・サーキット
ドライバー カル クラッチロー 発売中
チーム Team LCR
執筆者 Jamie Klein