日本GPで初の試み! 決勝後にメインストレート開放、熱気を間近に体感

シェア
コメント
日本GPで初の試み! 決勝後にメインストレート開放、熱気を間近に体感
2018/05/14 7:22

ツインリンクもてぎで開催されるMotoGP日本GPの決勝レース終了の直後に、メインストレートが観客に開放される試みが行われる。

 ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催される『FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ』のMotoGPクラス決勝レース直後に、メインストレートを開放すると発表した。

 熱狂的なファンの多いヨーロッパラウンドでは、決勝レース直後に観客がメインストレートを埋め尽くすシーンが定番となっている。

 ツインリンクもてぎは、今年の日本GPで新たに『セレブレーションアリーナ』と銘打ち、メインストレートを決勝直後に開放。レース後の熱気を感じながらコース上から表彰式のライダーを祝福できる、日本では初めての試みを実施することを決定した。

 これまでにも、ツインリンクもてぎは本場ヨーロッパのグランプリのようにレースを観客に楽しんでもらえるよう、サーキットに3日間滞在して楽しめる夜間のイベントエリア『オーバーナイトスクエア』の展開をはじめ様々な取り組みを行ってきたが、今年はよりいっそうMotoGPの世界観を堪能することができそうだ。

 日本GPの前売券は、6月9日(土)午前10時より発売開始。 ※ V席(一部チケット)はローソンチケット限定で6月2日(土)15時より先行販売となっている。詳しくは、ツインリンクもてぎHPのMotoGP日本GPページまで(http://www.twinring.jp/motogp/)。

開催概要

■大会名:2018 FIM MotoGP世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ
■名称:セレブレーションアリーナ
■日時:2018年10月21日(日)MotoGPクラス決勝レース終了後
■料金:無料
■対象者:V席チケット/VIPスイート/VIPテラスプレミアム/パドックパス

※メインストレートへの入場は整列順

次の MotoGP ニュース
リンス、スズキと2年契約を締結「チームの持つ可能性を信じている」

前の記事

リンス、スズキと2年契約を締結「チームの持つ可能性を信じている」

次の記事

マルクVDS、将来の懸念を一蹴。2021年までのMotoGP参戦を明言

マルクVDS、将来の懸念を一蹴。2021年までのMotoGP参戦を明言

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 日本GP
ロケーション ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース