MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
8 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
14 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
15 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
22 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
36 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
43 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ロレンソ、4戦ぶりのレース復帰も「予想以上に怪我の状況は悪かった」

シェア
コメント
ロレンソ、4戦ぶりのレース復帰も「予想以上に怪我の状況は悪かった」
執筆:

4レースぶりにレース復帰を果たしたロレンソだが、タイで負傷した左手首の状況は予想以上に悪かったという。

 先月開催されたタイGPのフリー走行で左手首を負傷したドゥカティのホルヘ・ロレンソ。タイGP以来4レースを欠場してきたが、今週末の最終戦バレンシアGPで戦列に復帰した。

 ロレンソは金曜日の走行をトップから2秒遅れの19番手で終え、セッション後には、この走行はチャレンジだったと認めた。

「正直に言えば、(怪我の状況は)昨日考えていたより少し悪くなっている」

「普段の日常生活とは違う。完全に動くわけではないけれど、それほど大きな痛みを感じてはいない」

「MotoGPバイクの重さがプレッシャーになっている。特にブレーキング時にはそうだ。かなり重いし、まだ怪我は完治していない」

「セパンの時よりはかなり良くなっている。おそらく、雨が助けになっていると思う。というのも雨の中では、ドライの時よりもプレッシャーが大体半分くらいになるからだ」

「だけどネガティブな面としては、よりクラッシュしやすくなっているということがある。それに、まだ怪我は完全には治っていない……クラッシュするという考えは全く歓迎できない」

 最終戦後にはそのままバレンシアでテストが行われ、ロレンソはそこで初めてホンダのバイクをテストすることになっている。しかし彼は、テストがあるからといって今週末のアプローチに我慢を強いられることはないと主張した。

「僕は自分自身のことや、フィジカル的な状況を心配している。怪我が完治していないこともわかっている」

「もし普通の状況で雨のレースを迎えたら、ドライの時以上に注意しなければならない。それはクラッシュしたくないからだ。だけど完全に競争力を発揮できる状態ではない時は、さらにもう少し気をつけるようになるだろう」

「ドゥカティでの最後のレースかどうか、ということには左右されない。これは無意識でのことだ」

ドヴィツィオーゾ「ウエットでの感触はかなり悪かった」

 チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは初日を4番手で終えたが、ウエットコンディションでのバイクには満足できていなかった。

「今日はバイクのフィーリングがかなり悪かった。雨量は違っても、午前も午後もフィーリングは同じだった」

「もっとスピードはあると予想していたけれど、フィーリングがとても酷くて、おかしかった」

「コーナーの途中でブレーキを放してスピードを上げる時に、リヤのフィーリングが十分に感じられなかった」

「今シーズンは、ウエットでは(思うように)乗れないことが何度もあった。今年僕たちはバイク自体や、バイクのバランスを少し変えたんだ」

「だからそれを理解して、学ばなければならない。過去には、ウエットコンディションでもあらゆるトラックで週末の初めから良いレベルで走れていた」

「今日は何もなかったけれど、僕はあまり心配していない。僕たちは分析し、学び、そしていくつか変更をしなければならない」

バレンシア初日:ウエットコンディションでマルケスが首位。ペドロサ5番手

前の記事

バレンシア初日:ウエットコンディションでマルケスが首位。ペドロサ5番手

次の記事

最高峰クラス昇格のミル、もてぎでスズキのMotoGPバイクを極秘テスト

最高峰クラス昇格のミル、もてぎでスズキのMotoGPバイクを極秘テスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント バレンシアGP
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ , ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team
執筆者 Valentin Khorounzhiy