最高峰クラス昇格のミル、もてぎでスズキのMotoGPバイクを極秘テスト

シェア
コメント
最高峰クラス昇格のミル、もてぎでスズキのMotoGPバイクを極秘テスト
Oriol Puigdemont
執筆: Oriol Puigdemont
2018/11/17 11:40

来季MotoGPに昇格するジョアン・ミルは、ツインリンクもてぎで行われたスズキの開発テストにて、一足先にGSX-RRを走らせていたことがわかった。

 来シーズン、スズキからMotoGP最高峰クラスにデビューすることが決まっているジョアン・ミルは、ツインリンクもてぎで行われた極秘テストにてスズキのバイク『GSX-RR』を初めて走らせた。

 このテストには2019年型バイクの開発を担当するシルバン・ギュントーリが参加しており、そこに昇格が決まっているミルが加わった形となった。

 今週末のバレンシアGPの後には、同地でテストが行われる予定であり、ミルはそこで再びGSX-RRに乗ることになる。

 スズキのチーム代表を務めるダビデ・ブリヴィオは、「彼(ミル)は印象的だった。特にテストへのアプローチの仕方や、彼がどれほどMotoGPでのレースを熱望しているのかという点でそう感じられた」とバレンシアで語った。

 当初スズキは日本GP後の月曜日のテストでミルを起用しようと試みていたが、複数の事情により延期となったという。

 またミルは現在Moto2ライダーであるため、MotoGPバイクのテスト参加に制限はない。彼はMoto2クラスのランキング6位につけて、最終戦を迎えている。

 彼はマレーシアGP後の火曜日と水曜日にテストを行い、この時は彼が快適にバイクに乗るための基本となるセットアップを作る作業に力を入れていた。

 ミルが公式にスズキのライダーとしてデビューを果たすのは、来週火曜日のテストとなる。ミルのクルーを率いるのはフランチェスコ・カチェディで、現在アンヘル・ニエトチームでカレル・アブラハムのレースエンジニアを務めている。

次の記事
ロレンソ、4戦ぶりのレース復帰も「予想以上に怪我の状況は悪かった」

前の記事

ロレンソ、4戦ぶりのレース復帰も「予想以上に怪我の状況は悪かった」

次の記事

バレンシア予選:ビニャーレスが今季初PP。Q2で転倒のマルケスは5番手

バレンシア予選:ビニャーレスが今季初PP。Q2で転倒のマルケスは5番手
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ジョアン ミル
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Oriol Puigdemont