MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベント 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days

MotoGPタイ決勝:マルケス、クアルタラロ下し逆転優勝。文句ナシのタイトル獲得

シェア
コメント
MotoGPタイ決勝:マルケス、クアルタラロ下し逆転優勝。文句ナシのタイトル獲得
執筆:
2019/10/06 12:27

MotoGP第15戦タイGPの決勝レースが行われ、マルク・マルケスが今季9勝目を上げて通算8度目のタイトルを獲得した。

 MotoGP第15戦タイGPがタイのチャーン・インターナショナル・サーキットで行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが優勝。最高峰クラス6度目のタイトル獲得を決めた。

 舞台となるチャーン・インターナショナル・サーキットは晴天に恵まれ、気温31℃、路面温度50℃とまさに熱帯のコンディションとなった。

 マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)のタイトル獲得に王手がかかったレースだが、ランキング2位で、マルケスの戴冠を阻める可能性を持つアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は、7番グリッドからのスタートとなった。

 なおスタート前、ジャック・ミラー(プラマック)がスターティンググリッドにつく際にエンジンストールを起こしてしまい、ピットレーンからのスタートとなった。

 26周のレース、まずはポールスタートのファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)が良いスタートを見せてホールショットを奪った。またマルケスがマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)をかわして2番手にポジションを上げた。さらにドヴィツィオーゾもスタートを決め、一気に4番手に浮上。先頭集団を追った。

 2周目には早くもマルケスが先頭を伺い、ターン3で前に出るが減速しきれずに膨らんでしまった。ただポジションは2番手を維持した。

 その後、マルケスはクアルタラロの後ろにピタリとつけて周回。序盤のチャージ以降はクアルタラロを観察するような走りに努めていた。また先頭のクアルタラロ、マルケス、さらにビニャーレスの3人は早くも集団から抜け出しつつあり、ドヴィツィオーゾは1秒ほどのギャップをつけられてしまった。

 クアルタラロとマルケスはレコードタイムを更新し合うハイペースで周回すると、このペースについていけない後続のドヴィツィオーゾに、8周目で既に5秒近い差をつけた。3番手のビニャーレスですら彼らについて突いていくことができず3秒差をつけられた。

 クアルタラロはマルケスとの差は付かず離れずの0.5秒ほどを維持。だが、10周を過ぎるとマルケスが一気にギャップを縮めてテールトゥノーズ状態にまで接近。ただマルケスは仕掛ける素振りも見せず、クアルタラロの後ろで静かに走行を続けた。

 マルケスは特にセクター1でクアルタラロとの差を詰めテールトゥノーズ状態に持っていくが、それでもまだオーバーテイクには動かない。

 その裏ではアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)がマシントラブルによってリタイア。トップ10を走っていただけにショックは大きいか、ピットへ戻ったアレイシはがっくりと項垂れた。

 トップのクアルタラロとマルケスはランデブー状態で周回を消化し、いよいよレースは残り5周となった。

 マルケスは残り4周のターン3でついに動いた。ストレートでクアルタラロに並ぶとそのままオーバーテイクを仕掛けるが、オーバースピード気味で大回りになってしまい、ここはクアルタラロが先頭を守った。

 残り3周、マルケスは前周と同じようにターン3で仕掛けようとするも、クアルタラロは先頭をキープ。レースは残り2周となり、マルケスはターン5からインを突こうという姿勢を見せるが、ここでも追い抜けずついに最終ラップを迎えた。

 そしてターン3でバトルが大きく動いた。マルケスはクアルタラロの後ろにピタッとつけると、スリップストリームを得てスピードを乗せる。そしてターン3にアウト側から進入し、オーバーテイク。ついに先頭に立った。

 追い越しを許したクアルタラロだが、彼も諦めずにマルケスの後ろにピタリと付ける。そして最終コーナー、クアルタラロは勝負に出た。

 イン側のラインに入ったクアルタラロは、ブレーキングで前に出た。しかしマルケスはクロスラインで立ち上がり、クアルタラロの前でチェッカー。2019年シーズンのチャンピオン獲得を決めた。最高峰クラスでは6度目、通算で8度目のタイトルだ。

 マルケスはコース脇にマシンを止めると、ビリヤードを使ったタイトル獲得パフォーマンスを披露。“8ボール”を手にしたマルケスは、大歓声に祝福された。

 2位はクアルタラロ。サンマリノGPの再現のような敗北となり、またしても優勝を逃した悔しさを爆発させた。3位はビニャーレス。後半は持ち直しギャップを詰めたが、追いつくことはできなかった。

 LCRホンダの中上貴晶は最終的に10位。14番グリッドから追い上げを見せた。

 また明暗が別れたのはホルヘ・ロレンソだ。チームメイトが優勝でタイトル獲得を決める中、18位とポイント獲得もならなかった。

Read Also:

【リザルト】MotoGP第15戦タイGP 決勝レース

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 Spain マルク マルケス 26 39'36.223     25
2 France ファビオ クアルタラロ 26 39'36.394 0.171 0.171 20
3 Spain マーベリック ビニャーレス 26 39'37.603 1.380 1.209 16
4 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 26 39'47.441 11.218 9.838 13
5 Spain アレックス リンス 26 39'47.672 11.449 0.231 11
6 Italy フランコ モルビデリ 26 39'50.689 14.466 3.017 10
次の記事
Moto2タイ決勝:マリーニ独走で今季初優勝。長島哲太15位に沈む

前の記事

Moto2タイ決勝:マリーニ独走で今季初優勝。長島哲太15位に沈む

次の記事

“戦国時代”のタイトルは格別? マルケス「過去最高のシーズンになった」

“戦国時代”のタイトルは格別? マルケス「過去最高のシーズンになった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第15戦タイGP
ドライバー マルク マルケス 発売中
執筆者 永安陽介