ブレンボ、ロレンソのブレーキ”脱落”トラブルの原因特定。対策を実施

ブレンボは、ドゥカティのホルヘ・ロレンソが開幕戦カタールでリタイアする原因となった問題を”特定し、解決”したという。

 MotoGPにブレーキシステムを供給しているブレンボは、2018シーズンの開幕戦カタールGPでドゥカティのホルヘ・ロレンソに発生したトラブルについて原因を特定し、対策を施したと発表した。

 ロレンソは、カタールGPのレース序盤からフロントブレーキにトラブルを抱え、ラップを重ねるごとに問題が悪化していったという。リヤブレーキを駆使しながらなんとか走行を続けていたが、12周目のターン4でブレーキに明らかな異変を感じた彼は、転倒を喫しレースをリタイアした。

 その後、チームがピットに戻ってきたバイクをチェックすると、2つあるはずのブレーキパッドが1つしかなかったという。

 幸いロレンソに怪我はなく、彼は「本当にラッキーだった」と語っている。

 ブレンボは、この問題の詳細な内容については明かしていないが、水曜日に簡単な声明を発表。今週末に開催される第2戦アルゼンチンGPを前に、問題を修正したと発表した。

「カタールGPのレース中、ドゥカティチームのライダーであるホルヘ・ロレンソに起きたことについて、ブレンボは非常に失望している。ライダーは、ブレーキングシステムに関連する問題によって、12周目にリタイアしている」

「我々の技術者が慎重に分析した結果、問題が特定され、解決されたことを認める。そのため、同じような異常は2度と起こらないはずだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 カタールGP
サーキット ロサイル・インターナショナル・サーキット
ドライバー ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース